FC2ブログ
  • この本の、著者に注目。松香洋子さんです。「松香洋子さん、だれ?」って方は、このブログの読者にはいらっしゃらないかと思いますが、「mpi松香フォニックス」の創設者です。「mpi松香フォニックス」の公式ページの会社情報の「mpi松香フォニックスはこうしてはじまりました」というところに、松香洋子さんが二人のお子さんとアメリカに留学して・・・という文章がありますが、まさにその時のことを留学終了後すぐに書いたのが、... 続きを読む
  • ダンナの実家から英検3級の合格証明書が発掘されました。え?3級?お義母さんと本人が言うには、ダンナは準2級持ってるハズ。準2級の合格証は自分で持ってるのかな?とりあえず、無くさないようにダンナの賞状ファイルに入れておく。賞状ファイルって子どものものを整理するのに使うかと思いきや、成人男性もいろいろ証明書をもらうから必要ですね。ダンナは、なんちゃら技能士何級とか、なんとか管理者講習修了証明書とかいっ... 続きを読む
  • 毎年、あるイベントでお世話になる先生が言っていました。「一番大事なのは、 英語で言いたいことがあるかどうかなんだよ。」その方は、大学の教授で、高校生向けの科学のオリンピックのひとつにおいて、国内大会で選抜された高校生を、海外の大会に引率する仕事もされています。先生がおっしゃるには、日本の高校生は優秀で、真面目に良く勉強して、準備して、金メダルも取っている。10年前と違って、英語だって、みんな普通に... 続きを読む
  • 高校の英語の講師の先生とお話しする機会がありました。先生は男性で60代。定年退職後、依頼されて非常勤の講師として、いくつかのクラスの授業を持っているそうです。先生は外語大の在学中に交換留学生としてアメリカに留学されたとのことで、先生のお年からすると、45年くらい前のことになります。その頃の長野県のいなかの高校生が、なぜ、外語大を選び、アメリカに留学したのか、お聞きしました。「高校の頃ね、彼女という... 続きを読む
  • ジエンコ小学5年生。はじめての英検。5級ですが、合格してました。うむ。5級はね。というわけで、「おめでとう!」だけど、今現在は、学校の音楽会と、ピアノ教室の発表会、さらには、空手の先生に昇級審査を認めてもらうこと、そっちに力を入れていて、英検4級の勉強は、毎日の音読だけです。相変わらず、Charlie and Lolaと、 フランシスはちょっと内容的に幼すぎ?だけど、文章としてはストレスなく読めます。この音読でも... 続きを読む

sacco

ピアノ・アート・空手・英語・そして絵本。
やさしいおにいちゃん・ジエンコ小5と、
おにいちゃん大好き妹・レイコ小2。
学校図書館での経験や留学歴も、絵本子育てにお役立ち。