FC2ブログ

2020-01-20

読書ボランティア おぼえがき


今週はジエンレイコの通う小学校で読み聞かせをします。

小学校の保護者と、卒業生の保護者と、地域の方で作る読書ボランティアに登録して今年で2年目。
仕事の都合で毎月入るのは難しいのですが、シフトの合間を縫ってできるだけ参加するようにしています。

最初に「お子さんのいるクラスに行きますか?」という質問をされるのですが、私は「行きたい」派。

中には、思春期の男の子のママで

「息子に『オレのクラスに来たらぶっ飛ばす!』って言われちゃった!」

という方もいます。

息子さん、照れ隠し?ってみんな思ってますが、そういうのも考慮してどのクラスに入るかは世話役さんが決めてくれます。

ジエンレイコはsaccoが読み聞かせに入るのを楽しみにしてくれて「今日、お母さん来るんだよ!」と読み聞かせの宣伝までしてくれます。レイコはともかく5年男子・ジエンコのこの反応はありがたい。

今年度はジエンレイコのクラスは年度初めに終わってるので、後は高学年を中心に入っています。

読み聞かせに慣れていない方は高学年のクラスの読み聞かせは難しい、って思うようです。
そうですね。確かに難しさはありますが、ちゃんとプログラムを考えていけば大丈夫!

saccoは参加2年目で新人メンバーなのですが、学校での読み聞かせ経験は軽く1000回越え。いわばプロなので、学校司書の先生と連携して絵本選びのお手伝いやプログラム作り、手遊びやわらべうたの練習も一緒に行っています。

さて、今週の読み聞かせは、久しぶりの低学年!

高学年は楽しいけど、低学年はもうどのクラスに入ってもかわいくてかわいくて、大好きです。

時間は15分間ですが、子どもたちはチャイムのかなり前から床に座って待っていてくれるので早めに入ります。
なので、最初の方でどうしてもチャイムが鳴ってしまいます。

プログラムは、

はじめのてあそび  「ひらいて むすんで」 ← 「むすんでひらいて」 じゃないですよ。
追加のてあそび  「かぞえうた」
チャイム待ちの絵本  『おもちさんがね・・』 とよたかずひこ 童心社
お正月の絵本   『もちもちおもち』 庄司 三智子 岩崎書店

チャイム待ちの絵本は新しめのあかちゃん絵本か科学えほんを読みます。



ただそのまま読むと「なんでこんな本?」と低学年さんでも思うものなので、

「途中でチャイムが鳴っちゃうから、すごく簡単な本を読むね。」

と理由をひとこと説明するとお話が短いことも、内容が簡単なことも納得して楽しんで聞いてくれます。

続いての本は、



お正月絵本はたくさんありますが、この本は私のお気に入り。
1月の読み聞かせでは必ず読みます。

物語じゃないし、ちょっと簡単すぎるんだけどそれを補ってなお余りあるテンポの良い絵本。

本の内容について読み聞かせの前や後で捕捉することについて「読み聞かせ業界」の中には賛否両論あるのですが、この本はちょっと捕捉するとより面白くなる本。なのでsaccoは捕捉します。

読み聞かせ経験豊富であちこちの勉強会に参加している方に見つかると、ちょっといろいろあれこれ言われそうな気がしますが、見つからなければ大丈夫。

saccoも読み聞かせ経験が長くなり、読み聞かせについて、読書ボランティアについていろいろ思うところがないわけではありませんがアドバイスを請われたとき以外は口出ししません。

最初の二つのてあそびは、読み聞かせの導入と時間調整です。
こっちが照れずにやれば、高学年の男の子もノリノリでやってくれますよ。

あとは時間が余った時用にかがく絵本を何冊かバッグに入れておくとよいです。

さーて、レイコも下校して来たし読み聞かせの練習をします。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



2019-11-24

サイン本コレクター


きたじまごうき さんの、「大道芸なおはなし会」に行ってきました。

きたじまごうきさんは、こんな人。

 

「とっておきのカレー」を以前から小学生向けの読み聞かせや、
ブックトークに時々使っていたので、
すごく有名な絵本作家という感じでもないけど、
優しい色合いの絵本で好きだな。って思ってたら、
なんと、長野県在住。

しかも、今回のおはなし会は、
読み聞かせやサインだけじゃなく、
「大道芸」「おはなし会」「工作」「似顔絵サイン」
もう、行くしかない!

きたじまごうきさんは、
とっても気さくでチャーミング、
そして、非常に芸達者なエンターテイナーでした。

オープニングの
ウォッシングボードのパフォーマンスに、
自分の絵本をちょうどいい感じに拡大して作った、
読み聞かせ専用のボード。
全員参加の絵探し。
効果音を使った読み聞かせ。
会場全員が仲良くなって教えあう工作。
そして、似顔絵サイン!



楽しかった!

今年も、
いろんな絵本作家さんと、
児童文学作家さんと触れ合いました。

え。。。何人会ったっけ?

川端誠さんでしょ。
澤口たまみさんでしょ。
降矢ななさんでしょ。
とよたかずひこさんでしょ。
角野栄子さん、たかどのほうこさん。
来週は杉山亮さんにも会うよ!

実は、今日、
今年の大本命であった、
穂村弘様の講演会に仕事で行けなかったんだけど、
今年もらったいろんなサインを見て、
自分を慰めているよ。



東直子さんも行けなかった。

わたしの「しびれる短歌」にサインをもらえる日は来るのか・・・。

あ、来年の第一号は決まってるの!



藤田浩子さんのおはなし会!

楽しみ!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村

2015-02-02

飽和すると次のステップへすすめる


ジエンレイコに、毎晩数冊ずつ読み聞かせをしていますが、
たまに時間がなくて読み聞かせが出来ないと、
ジエンコは涙ぐみ、レイコは大暴れします。

私の都合で時間が無くなった時は、
本当に短い赤ちゃん絵本をささっと読んで、
「読んだ」ってことにしてますが、
私が再三言って聞かせたのにもかかわらず、
テレビを見ていて時間が無くなった時には、

「はい、時間切れ~」

と、容赦なくハミガキにひっ立てます。

子どもたちを寝かしつけてから、
短い本なら5分もかからないんだから、
読んでやったら良かったなー。 
と反省するんだけど、
日中仕事でかなり声を出すので、
さっさと寝かしつけて、静かになりたい気持ちでいっぱいで余裕がないです。

そんな志の低い読み聞かせでも、
ジエンレイコの力になっているようで、
2人ともとっても本が好きです。

最近のジエンコの和書のひとり読みは、




小さなおばけシリーズは、
今のジエンコのひとり読みレベルよりだいぶ簡単ですが、




エルマーのぼうけんシリーズのように、
激ハマリして、難しさや長さが気にならない!
という本には今のところそう多く出会っていないので、
少しレベルが上下してもかまわないので、
1ページに10行程度、100ページ未満で絵が多い本を、
何百冊も読んでおいて、
1年生になって、漢字が読めるようになってきたら、
次の段階の本に入れるのだと思います。

子どもが本を好きになる段階を見ていると、
あるひとつのステップで、飽和状態にならないと、
次には進めない・進まない、と言う事がよくわかります。

ジエンコは、読み聞かせ・読んでもらうというステップが、
飽和しつつあるようです。
だから、簡単なひとり読みに進んでいます。
家でも保育園でもたくさん読んでもらってきたので、
絵本コーナーから、小学生の本のコーナーに移動しても、
自分で本を開けば、自分で読めそうな本かどうか判断できます。

これは、日本語の絵本に限ったことではなくて、
英語絵本にも当然当てはまるし、
なんなら英語力の習得にもあてはまると思います。

ジエンコの英語絵本のひとり読みレベルは、
相変わらずスタート地点です。

わかりやすい例をあげると、




うひゃひゃ。
もう3年も読み聞かせしてきてこんなもんですね。

読み聞かせで楽しめるレベルは、

 

かなり開きがあるなぁ。

この開きを埋めるために、
読み聞かせを簡単なレベルに落とすんじゃなくて、
読み聞かせで楽しめるレベルの本を、
毎晩読むことで、
このステップが飽和して、
自分で読みたくなるのかな?

日本語絵本の読み聞かせのステップが飽和した過程を思い返すと、
そうなりますね。

ジエンコが自分で読めるレベルを確かめたいがために、
1ページ1文程度の簡単な本も毎晩読ませてましたが、
自分で読める!読みたい!と言いだすまでは、
暗誦も練習もせずに、
読み聞かせだけしていればいいような気もしますね。
たとえそれが小学校3年生、4年生までかかったとしても。


最近、和書でこんな児童書を読みました。




オリジナルはこちら。




小学校3年生の女の子ケルシーが、
校内読書マラソンでチャンピオンになるために奮闘する物語です。
物語自体に目新しいところは無いですが、
小学校3年生の読書レベルがわかっておもしろいです。

主人公のケルシーが途中で気づくように、
同じ3年生でも、いろんな読書レベルの子がいるんですものね。

ジエンコなり、彼らなりの速度で、
だんだん成長していくんだ。

比べて焦っても仕方ない。

ジエンコのひとり読みの進まなさに、
時々とほーにくれたりしてしまうので、
時々、自分自身に自分の方針を確認してみたりしています。

レイコは生まれながらの本好き。
お気に入りの本を読んでるつもりで遊んでいるうちに、
文字と言葉が一致して、
読めるようになっちゃったりしてます。
ほっといてもそのうち読むでしょう。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
久しぶりの平日休み。
歯医者さんに行ってくるわ。






2014-12-18

デンスロウ版


この季節になると、毎日のように読んでしまうこの絵本、




もともとの詩は、
そんなに優れているわけでもないと思うんですけど、
クリスマスの雰囲気が出ていて素敵です。

英語版は、ターシャ・テューダーのバージョンを読んでますが、

日本語版は、デンスロウ版が傑作です。




まるまる太った小人のおじいさんの雰囲気がよく出てます。

わたなべしげおさんの名訳でリズムよく、
声に出して読んでも気持ちの良い1冊です。

ずっと入手困難だった、デンスロウ版の洋書は、
ペーパーバックで再版されたのか、
購入できるようになっています。




これも欲しい。

同じ詩の絵本の英語版はもう1冊持っていて、




サブダの仕掛け絵本!
こういうのは、持っているだけでしあわせ。

クリスマス絵本は他にも2冊持っていて、

 


あとは、恐竜とアリスも持ってます。

やっぱり、




↑が欲しいなー。

欲しいものリストに入れて、
様子を見ています。

ちなみにこれらは、

「お母さんのだいじな本」

の本棚にあって、
ジエンレイコは勝手に手を触れることは出来ません。
たまぁに見せてあげます。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村



2013-04-28

アンケートで図書カード1000円


ジエンレイコの風邪が良くならず、
せっかくのお休みもほとんど家にいて、ブロック遊びや、DVD鑑賞。

ダンナが昨日も明日もお仕事で、
三連休中の休みが今日だけだったので、
どのみち遠出の予定もなかったのですが・・・・。

しかたない。


そうそう、
七田式のカタログが新しくなった時に(2月頃?)、
カタログと一緒に届いたアンケートに答えて応募したら、
図書カード1000円が当たったよ。
昨日郵送で届きました。

実は昨年ももらったんだー。

あんまり答える人がいないのかなぁ?

3月末で会員をやめてしまったし、
会員でないと買えないプリントはもう購入済みなので、
来年からは関係ないけど、
会員になってる1年間の間に、
図書カード2000円もらったので、
非常に満足。

久しぶりに自分の本を買おうかなー。
最近はこどものための洋書とか、
買ってもアマゾンや楽天ばっかりで、
書店で実物を見て買うのって、
マンガだけ、
しかも、
NARUTOとONEPIECE の新刊が出た時だけ(笑)だったので、
本屋さんで自分の本って買ってないなー。

ちょっと楽しみです。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


今日の読み聞かせは、




レイコのお気に入り。
動物の鳴き声が出るおもちゃを本の下に隠しておいて、
”Moo!”に合わせて牛の鳴き声を出したり、
”Zoo!”に合わせてゾウの鳴き声を出すのが大当たりで、
レイコ大喜び。
”Choo-Choo!”の時は、
チャギントンのオープニングのようにレイコが歌ってくれます。

かわいいのう。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

テーマ : 子供の教育
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

sacco

Author:sacco
ピアノ・アート・空手・英語・そして絵本。
やさしいおにいちゃん・ジエンコ小5と、
おにいちゃん大好き妹・レイコ小2。
学校図書館での経験や留学歴も、絵本子育てにお役立ち。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR