FC2ブログ

2013-02-27

やっぱり、じつは、読めてる

寝る前の読み聞かせの最中に、
レイコが背中がかゆいと暴れ出したのでクリームを塗ってやることに。。。

ジエンコに、

「じゃ、しばらく自分で読んでおいて」

と次の本を手渡し、レイコにクリームを塗っていると、

"C, c, c,c, o, m.. Come in!"




おお!タイトルが読めたぞ!

というか、
今まで何度もCDで聞いて来た音と、
私が読み聞かせして覚えた音が、
フォニックス読みとつながって、「come」が読めて、
「in」はサイトワード的に覚えているし、タイトルとしても記憶しているから。

ということかな?

と思っていたら、
ページをめくって、
なんとなくそれっぽく読み始めたぞ。

Dad, Mum など、主要な登場人物の名前は、
かなり前から読めたので、それを手がかりにして、
theやout、and などは見てわかってるので、
ジエンコ自身も「あれ?」って感じで自然に読めていました。

レイコにクリームを塗りながら、
ジエンコがつまずくところは無理に読ませずに
私がさらっと単語を教えてあげたら、
最後まで音読できました。

ビックリ!

ある程度はわかってるだろうから、
そのうち読むだろう・・・と思っていたら、
Oxford Reading Tree の Stage 4からはじめるとはね・・・・。

これはちょっと、
本人のやる気をもっと引き出すために、
目につくところに置いてあるORTをStage 2あたりに入れ替えて、
さりげなく読ませてみて、

「わぁっ、昨日より上手に読めた!」

とかおだてる作戦にしたら、
音読しちゃいそう?

なーんて。。。。。

思っていたんだけど、
結局はレイコを塗り終わって戻ってきたら、
次の、




は、読んでくれませんでした。




Stage 4は、文章も2、3行になっているし、
ぱっと見てすでに長いもんね。

やっぱりStage 2を出してきて、
うまいことうながしてみよう。




いや、Stage 1 でもいいかも。

そうだね。
Stage 1 からやってみよう。




やっぱり、Stage 4あたりが、
ジエンコにとって大事なstageになりそうだから、
moreのパックの購入も考えて、
本当の音読が始まるまで力を入れて読んでいきたいなー。

そして、おととい書いたような、
フィンランド・メソッド風 読書日記
(その時の記事はこちらから)を作らなきゃ!


ああ、ジエンコ、やっぱりできるんだね!!!!


いつも応援ありがとう!
ORTを教えてくれた親子英語↓ありがとう!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

2013-02-04

隣のクラス


ジエンコの隣のクラスにインフルエンザ上陸。
学級閉鎖ですって!

ジエンコのクラスでは今日はみんな元気だったけど、
隣のクラスではやったからには逃れられない気がするなぁ・・・。

ジエンコ、なんでももらっちゃうし。。。。

うがいと手洗いがんばります!


今日の読み聞かせから・・・。



ORTのBiff, Chip and Kipper Storiesは、
Stage4で新しい家に引っ越すあたりから、
急に物語としての魅力が強くなりますね。

大人の私ががっつり引き込まれます。

Trunk Pack Aは、
Oxford Reading Tree Special Packs ORT Trunk Pack A (Stage 1 More First Words, Stage 1+ First Sentences, Stage 2, 3, 4 Stories Packs) 5 CD packsOxford Reading Tree Special Packs ORT Trunk Pack A (Stage 1 More First Words, Stage 1+ First Sentences, Stage 2, 3, 4 Stories Packs) 5 CD packs
(2011/04/01)
不明

商品詳細を見る


このStage4ですべて開けてしまったので、
物語的には、Stage5に進んで、さらには6に進んでと行きたいのですが、
今月Stage4を読み始めてから、ジエンコが日本語で質問の嵐を浴びせてくるようになりました。

Stage3までは、
なんとなく知っている単語と、
イラストのイメージで読み進めることができたので、
意味が正確にわからなくても、読んで楽しんでいられたけど、
文章はシンプルながら、2列になってきたりして、
ただ読んで、何度も読んで、ちょっとずつ補足したら理解できる。
という感じではなくなってきました。
きっと、無理に次のStageに進んでも、
なにもわからなくて、おもしろくなくなっちゃうんだろうなぁって思う。

ので、
Stage4にとどまって、
Trunk Stories 以外のパックも購入することも考えながら、
他の絵本でもこの辺りのレベルを繰り返し読みながら、
かけ流しや、絵本以外のところからの単語のインプットが増えるのを待って、
追いついてきたらStage5?っていう風にできたらいいんだけど・・・って思ってます。
が・・・・。
単語のインプット・・・・できているのかなぁ?
最近英語の語りかけも単調・・・というか、
新しいフレーズが出せていないし、
日常的に目にするものの単語を教えるのも私があまりに予習をしていなくて、
適切にできていないし・・・・。

って、ORTのことを考えるとなんだか・・・なんだけど、
そもそも、英語絵本を気長に読み聞かせながら英語を学ぼう。
と思っていたのだから、時間がかかるのは当たり前。
レベルがどんどん上がっていかないのも当たり前。
同じ本ばかり何度も何度も繰り返し読むのだって、
日本語の絵本でも同じことをしているのだから、
焦ることじゃない。。。。
んだよね。
ってまた思い直してみたり。

そうそう、そうね。
気長にやるのね。


今日は日本語の読み聞かせは少なめ。



↑この本、我が家のお気に入りなの。
ぱぴぷぺぽしか出てこないの。
大好き。




↑は、ジエンコがレイコに読み聞かせしてくれる本。
かわいいのだ。

最近日本の絵本を購入していないので、
日本語の絵本の読み聞かせはレベルが下がっているような・・・。
でも日本語の事だったら、気にしないでしょう?
ねー。
英語ものんびりやりましょうよ。私。


今日も読んでくださってありがとうございました。
コメント、クリック大歓迎です。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

2013-01-10

ORTに換算するクセ


ごく最近、小学生女子と交流していたら、
その子がサン宝石の「ほっぺちゃん」を見せてくれてね、
その数がハンパないというか、
ぱっと見て30個くらい持ってたの。

「ほっぺちゃん」って200円くらいから?、
特殊な物は400円くらいかしら?と見積もって、
1個平均250円だとしても、
250円×30個=7500円かぁ・・・・。

常日頃から私は、
ジエンコがガチャガチャとか食玩を買うのをあまり許してなくって、
特別がんばったとか、お手伝いをして祖父母にお小遣いをもらったとか、
そんな時にだけそういうのを買ってもいい。ということにしていますが、
ダンナはもうちょっと甘くて、買い物のついでに簡単に買ってあげちゃったり・・・

でも、そういうのって続くとありがたみがなくなっちゃって、大事にしなくなるかと思って、
ダンナに進言して、今ではダンナもガチャガチャでもよく考えてからお金を渡すようになりました。

唯一私が甘かったのは、
食玩の「ムゲンバイン」シリーズ。


予防接種でめそめそしなかったから!と、1箱315円を買ってしまい、
その後5箱コンプリートしないと大きなマシンにならないことに気づいて、
半月足らずで5箱買い与えてしまい、

「誕生日でもクリスマスでもないのに4歳の子に1575円のおもちゃなんて!」

と非常に後悔したり、
(でもジエンコは気に入って、購入から数ヶ月たった今でもよく遊んではいる)
徹底できていないことも確かにある。

が、しかし、
なんだか良くわからないキャラクターものに7500円(推定)かぁ・・・。
と思ったら、

ORTだったら、単品で1冊525円で買っても15冊買えるなぁ・・・。



ステージパックだったら、
Stage5と More と両方買えるなぁとか、

 

つい考えてしまい、
「いや、子ども相手になにを夢の無いことを!」
「女子小学生のステイタスなんだし!」
と思いつつ、

でもなぁ・・・・。

お金の使い方って本当に人それぞれ、家庭それぞれだよね。
当然ね。
たくさん持ってるかどうかってのももうもちろん関係あるしね。

ああ、貧乏くさいこと書いているなぁ。
でも、アマゾンの数十円の値上げ値下げに一喜一憂する日々なんだし、
敏感にもなるよね。

とね、
色々な思いが駆け巡りました。

そして思い出したんですが、
高校時代にもこんなことしてました。

「『花とゆめ』換算」
ファッション雑誌とか眺めながら、友人と、

「『花とゆめ』なら何カ月分だね。」

「『別冊少女コミック』なら何ヶ月だね。」

「『週刊少年ジャンプ』なら何週分だね。」

とステキでも手に入らないお洋服やアクセサリーをマンガ雑誌の価格に換算してましたね。

はい、今日もどうでもよかったね。
ちなみに少年誌なら「週刊少年サンデー」派でしたけどね。


失礼しました。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


ダンナにも言われたの。

「超合金ってあったじゃん、そういうこと。
 夢に見るほど欲しかった憧れのおもちゃ。
 そういうものを、たとえば仮面ライダーのベルトとか、
 戦隊ヒーローの武器とか、
 長続きしないようなおもちゃでも、
 『欲しい!』と本人が言うものを買ってあげるのも時には大事じゃん!」

って、もっともですよね。
私だって、小学校の頃は欲しいものがいっぱいあった。
今だって、ホームベーカリーとかガーデンルームとかサイクロン掃除機とか
あれもこれも欲しいわ。

わかる。
わかるわ。
だからなおさらガチャガチャや食玩に使っちゃいけないのよ。
なんなら「ガマン貯金」して大きいものを買うとか?

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

2012-08-11

夏休みの過ごし方


ORTのトランクパックAを買ってから2週間ほど経過してしまいましたが、
ジエンコの誕生日に買った絵本がたくさんあって、なかなか取り掛かれないでいました。



夏休みでジエンコが家にいる時間が長いから、
CDのかけ流しもできるし、
これをきっかけに取り掛かるか!

ということで、昨夜から読み聞かせスタート。

今月は、Stage 1 More First Words の6冊を開きました。

ジエンコは、「Kipperの新しい本だ!」と大喜び。
ビーチで遊んでいるお話や、お庭でプールをやっているお話もあって、
夏気分が出ていいですね。

これを導入したことによって、
寝る前に読み聞かせがすごく増えました。

Stage 1 More First Words 6冊のうち、
毎日3冊をしばらく続けて読んでみようと思っているので3冊。

先月から続けている、
Sight Word Readers からも毎晩3冊読み聞かせを続けているので、




ORTと合わせて計6冊。

なるべくリンクする単語や表現を強調するように読んではいますが、
お勉強的な働きかけや、
内容に関する質問はまだしていません。

組み合わせ

飽きるくらい読んでから、
ちょっと質問してみようかな?

そのほかに、An Elephant & Piggie Book から1冊、
Step into Reading のSTEP1の中から1、2冊。

毎晩10冊前後の英語絵本。
それほど長くないのでなんとかなってますが、口が疲れるわ。

さらに日本語の絵本は最低2冊。

読んでいる私の苦労もさることながら、
ジエンコの集中力がよく続くなぁ。
と感心してしまいます。

本、好きなんだなぁ。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


今日から夏休みに入ったジエンコ。

特に旅行や行事の予定の無い我が家では、
夏休みだからって、なにがどうってこともないですが、
今日は朝から庭でお絵描き。

某生命保険会社の絵画展に出す絵を、ジエンコとレイコに描いてもらいました。

家の中で絵の具を使うと、
レイコが暴れて大変だけど、
屋外ならちょっとくらい汚れても大丈夫。

開放的で楽しかった。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

雨が降り始めました。

明日はなにして遊ぼうかしら?

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

2012-06-18

Huntさんと Riderさん

3月に購入したRead at Homeスペシャルパック(購入した時の記事)、
訳あってなかなか読み進まず、最近になってやっとRAHレベル3の3冊を出してきました。

(私が購入した3月中旬はまだ、スペシャルパックがあまり親子英語ブログで話題になってなかったので、
買う人がいないいわくつきのセットなのか?とドキドキしたものでした。)

その進まなかった理由は・・・

レベル2の3冊がなんとなく読みにくかったから。

単純に長くなったからとか、難しい単語が増えたからじゃなくて、
とにかく読みにくい。

文章のリズムも、話の内容も。

うーん。

と思ったら、
15冊セットのうち半分の8冊は、
Roderick Huntさんじゃなくて、Cynthia Riderさんという人が書いているんですね。

奥付を見ると、

「Written by Cynthia Rider based on original characters created by Roderick Hunt and Alex Brychta」

となっていました。

表紙では、
著者がCynthia Rider となっている巻と、
「Series Created by Roderick Hunt」となっている巻がありました。

レベル1の3冊のうち2冊もCynthia Rider さんによるものですが、
RAHレベル1は1ページに短い文章が1行だけなので気にならなかったのかなぁ?
ほとんど違和感は感じませんでした。

レベル2のa「Poor Old Rabbit」は、
「Poor old rabbit」という言い回しが出てきたことは良かったんだけど、
Floppyの話なのかKipperの話なのかはっきりしなかったことが残念。

2b「I Can Trick a Tiger」
Floppyの見てる夢のお話ですが、
なにとかどうとかじゃなくて、私が単純にこの話が苦手。
夢なんだからいいんだろうけど、しかもFloppyだし。
でも、良いところは繰り返しがあることだけ。って思っちゃうから、
読み聞かせにも熱が入らず・・・
私の考えが伝わっちゃうので、ジエンコも好きじゃなくなってしまい・・・
なのであまり読んでない。

2c「Floppy and the Bone」
絵と文章のつながりから推測できる、というのがORTの最初の方のレベルでは重要なところだとすると、
これは、ちょっとわかりにくいページがある・・・。
私がジエンコに説明するのに絵の助けを借りにくい感じが・・・
あと、夢じゃない現実の時のFloppyは’ ’でセリフがあっても
「said」じゃなくて「thought」になっている方がストーリーの邪魔にならない気がする。


と、まあ、
すべては私の気分の問題なんですが、
とにかく2の3冊は私にとっては非常に読みにくかった。

で、読み込んでないのに3の3冊を出すか迷ってたんだけど、
ORT全体に飽きられるのも困るし、
私が面倒になっちゃって出さなくなると困るので、
3の3冊を出してきたら、あら、これおもしろいわ。

となって、なんとここでやっと書いた人が違うことに気付いたのでした。
遅っ。


うむー、そうかぁ。

うむー。

あれだね。
Cynthia Riderさんがどうこうという問題ではなくて、
Read at HomeはORTのおまけ、扱いってことで、
お楽しみで読んだり、ジエンコが小学生になってひとり読みになってから出して、
自分で楽しめば良いものであって、
家庭で英語学習的な部分はやっぱりtrunkに任せろってことか。

少しずつレベルの上がって行くリーダーなので、
多読には違いないのでしょうが、
多くの人がORTに求めている「読み込めば力になる」みたいな部分は、
トランクストーリーにあるのであって、
ORTなんだから何でも数読めばいい、というものではないのだね。
と思うに至りました。

いや、あくまでも個人的な好き嫌いがらみの私の結論であって、
他の人がどう感じるかはわからない。


来月ミカサのセールをやるようなら、

トランクパックAを買います。

リードアットホームは、普通に洋書絵本の本棚に一緒に並べて、
ジエンコが読みたければいつでも読んで、
お勉強ぽいことは一切なし。
という扱いにします。

どちらにせよ、
私とジエンコがKipperたちを大好きで、
もっと読みたい。と思っていることには変わりはないのでした。

応援ありがとうございます。
励みになります。
↓クリック↓
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

sacco

Author:sacco
ピアノ・アート・空手・英語・そして絵本。
やさしいおにいちゃん・ジエンコ小5と、
おにいちゃん大好き妹・レイコ小2。
学校図書館での経験や留学歴も、絵本子育てにお役立ち。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR