FC2ブログ

2019-12-02

男子の連弾にきゅんっ!


マウスピース矯正のトレーニングに行ってきました。



レイコはK2ミディアム。
ジエンコはK2ラージです。

ジエンコは一度はT2を使ったのですが、
前歯のアーチのおさまりの関係で、
K2ラージを加工して使っています。

ブルーのK2の手前にある、
黄色いおにぎりケースは、
唇の筋肉を鍛える、
リップトレーナーです。

アクティビティーが増えて、
毎朝大騒ぎですが、
院長先生が、
アクティビティーを行うと、
どんな効果が出るか、
丁寧に説明してくれたので、
ジエンレイコもやる気です。

さて、午前はちょっと遠くの歯医者さんで終わったけど、
今日は学校の計画休業だったので、
ピアノがいっぱい練習できる!

と、言うわけで、
ジエンコの連弾パートナーに来てもらって、
練習。

DSC_0088.jpg

男の子だし、
休みの日だし、
遊んじゃうかな?
って思っていたら、
到着するなり合わせはじめ、
あっという間に1時間半。
速い曲なので、
saccoは譜めくりで付きっ切りでした。

おやつを食べたら遊ぶのかな?
と思ったら、
また合わせて、
そのうち、だんだん、
早引きしたりジャズアレンジしたり遊び出しましたが、
その遊びが、
ジエンコの楽譜をあさって、
初見の楽譜を弾くあそび。。。

さらに、ちょっとボードゲームして遊ぶかと思ったら、

「よしっ」

と言って、また合わせる。

結局、
3時間中2時間半ピアノに向かってた。

普段黙々と一人でピアノに向かっている子たち。

でも、同じ趣味を持ち、
競い合っているライバル同士。
他の友だちとはできない、
特別な遊びができる、
貴重な仲間でもあります。

男児が寄り添って、
手を交差する部分では、
目くばせし合って連弾してるのを、
譜めくりのためにすぐ後ろからずっと見てたけど、
かわいくて、見飽きない!

合わせるまではどうなることかと思ってたけど、
なんとかなりそうな気がしてきたし、
これは、本番が楽しみだ。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



2019-11-20

楽譜は重いよね♪


昨日レッスンから帰って来た時のジエンコのレッスンバッグの中身。



たくさんあるなぁ。

発表会が終わったら、
ここにツェルニーと、インベンションも帰ってくるよね。

あ、そうだ。

先日、
「エリーゼのために」の楽譜がなくて、
新しい曲集を買ったことを書きましたが、


昨日レッスンに行ったら、



ベートーベンピアノ名曲集 全音

が、用意されてました。

そういえば、
ピアノの「先生の先生」が、
「ジエンコくんの次の楽譜、用意してあるのよ」
と言っていたような・・・。

これのことか・・・。



購入してしまった↑
全音のピアノ名曲選集については、

「いい曲が入ってるから、
これから、いくらでも弾きますから。」

と慰められました。。。。

どちらも、
続けてればそのうち弾く曲ばかり。
と、思うことにします。

ジエンコ、
今でも、7年前にピアノを習い始めた時に、
saccoがミシンで作ってあげた、
鍵盤柄のレッスンバッグを大切に使ってくれてます。

レッスンバッグ

バッグも7年目。

ファミリアのりんごトラックのワッペンは、
どこかに失くしてしまいましたが、
リンゴが一つついています。

(そう。
ファミリアのレッスンバッグを意識して作ったのだ。
ワッペンだけ本物のファミリアだった気がする。)

小学5年生になっても、
母の手作りバッグを使ってくれるなんて、
かわいい子です。

マグネットホックで入れ口が止められるようになってますが、
楽譜が多すぎて、
最近留まってるところ見たことがありません。

「そろそろ違うバッグにする?」

って聞いても、

「いいバッグがあるから大丈夫。」

と、言ってくれます。

発表会の記念品で、
おしゃれなレッスンバッグを何回かもらったことがあり、
それを使えば。。。と思うんですが、
楽譜や持ち物が多い時だけ、
いつものバッグと新しいバッグを2個持って、
「これでいい。」のだそうです。

ま、
いなかの子どもなので、
どこへ行くにも親の車で送り迎え。
楽譜をたくさん持って電車に乗るわけじゃないので、
本当に困ってないのかも。



スポーツブランドのボックス型リュックとか提案したんですが、
乗り気じゃないらしい。

そうかー。
なんか、うれしいなぁ。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村

2019-11-14

連弾が決まりました!


ジエンコ・小5ピアノ男子。
今年も、「先生の先生」の発表会に呼んでいただけます!
2,3か月に1回の単発レッスンをしていただいているだけなのに、

「がんばってるから、みんなに聞かせてあげてよね。」

なんて。

「先生の先生」ちょっと男子びいきなのです。

でも、わかる。その気持ち。
発表会で頑張ってる小学生の男の子見ると、きゅんとしますよね!

そして、独奏だけじゃなく、連弾もせよ。というお達しがあり、
毎年連弾してる元同級生
今は隣のクラスの男の子と今から連弾頑張ります。

発表会まで、1ヶ月ちょっと。。。。
み、短い。。。。

曲は、

 

「動物の謝肉祭」から、1曲のはずが、
楽譜を見た「先生の先生」が、

「あら、ちょっと簡単になってる楽譜なのね。
じゃあ、『化石』と『終曲』続けて弾きましょう。
『終曲』は、この楽譜でいいけど、代わりにうんと速く弾いてね!」

あ、2曲になった。

焦る母たちをしり目に、

「やったーっ!2曲」

喜ぶ男児たち。

なんというか、
ピアノ男子っていうか、ピアノ男児。。。。

ちょっと幼い感じ。

でも、
二人とも張り切ってるし、
負けず嫌いなので、
それぞれ、

「自分よりもっと練習してるはず!」

と、死に物狂いで練習すると思う。

がんばって!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村

2019-11-12

もういちど、エリーゼ


ジエンコ、小学5年・ピアノ男子。
数年ぶりの「エリーゼのために」弾いてます。

とはいえ、
前回は年長さんか、小学1年生の時、

『ぴあのどりーむ6』


に入っているショートバージョンを弾いて、

「本物の『エリーゼのために』は、
ペダルが届くようになったら弾きましょうね。」

と保留になって以来です。

先日、「先生の先生」のレッスンの際、
ベートーヴェンをたくさん弾くように、
と言われ、
そういえば、「エリーゼは完成させたの?」
と聞かれ、

oh... となって、
12月に行く予定の次のレッスンまでに、
ひととおり弾けるようにすることになりました。

それで、
あらためて家にある楽譜を探したら、

あら?
ベートーヴェン集に入ってない?
とりあえず、
あるもので、と、



この中からちょっと音とりを始めたところ、

あれ?
なんか変?

ジエンコが弾いているのを聴くと、
ところどころ気持ち悪い。
お料理の手をとめて、

「なにやってんの?」

楽譜を見に行くと、
ジエンコは楽譜の通りに弾いてる。

でも、
これ、違う。

今日のレッスンで、先生に見てもらって
楽譜がところどころ間違ってることが発覚しました。
楽譜に修正を入れてもらったけど、
これじゃ、練習できないなぁ。

この本は、
昨年ジエンコに
「渚のアデリーヌ」を弾いてもらいたくて、
(saccoのリクエスト。
なんか、イケメンが弾きそうなピアノ弾いてよ!)
先生におすすめの楽譜を教えてもらおうと思ったら、
その時先生の本棚にあった本を、

「使ってないから、あげるよ」

と、もらってきたもの。

アデリーヌを弾くくらいなら、
ちょっと不思議な採譜でも困らないけど、

今回発表会で弾いた
シューベルトの即興曲op90-2も、
シューベルト集とはちょっと違ってたし、

ちょっとお試しに弾くにはいいけど、
ほんとに練習するのはリスクが大きいな。

ようっし、買おう。



全音だし、これは安全かな?
他にも弾きそうな曲入ってるし。

そうそう、
先日次は連弾!って言ってたの、
候補が決まりました。

ジエンコと連弾する子と話がついたら
また、そのお話を。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村

2019-11-06

ピアノ男子は花束男子


ジエンコ・小学5年男子。
7回目のピアノ発表会が終わりました。

ジエンコ、かっこよかった!

ミスタッチはそれなりにあったし、
ひやひやするところもあったけど、
演奏全体は、
習ったこと、練習したことを出し尽くしつつ、
ジエンコらしさもあふれ出る、
素晴らしい演奏でした。

それにしても、本当に本番に強い。

発表会7年間の歴史は、☆こちらをご覧ください。

今年の発表会は、
10月下旬にあった学校の音楽会の合唱伴奏の後から、
私とジエンコの間で、
どんな演奏をしたいか、どんな演奏をするべきか、
で、たくさん話し合いました。
(「のっぺりした演奏」参照)

ピアノの演奏のことで、
話し合いってなんか変だと思うんだけど、
練習はいっぱいするのに、
緊張感のない演奏をしてしまうジエンコには、
必要な事だったと、saccoは、今は、思ってます。

よかった。よかった。

一年に一度しかお会いしない、
同じ教室のママたちから、

「感動した。」

と次々に声をかけられてテレテレのジエンコでした。


ところで、ジエンコ、
ピアノの発表会の最後に、
先生から記念品をもらう時、
先生に花束を渡すことにしています。

もう、年長さんくらいの時からずっと渡してるから、
これも、5年目か、6年目。

あ、年長さんの時に、
「チューリップのラインダンス」を弾いたいので、
チューリップの花束を渡したかったんだけど、
どうしてもチューリップが手に入らなかったので、
他の花束を渡して、
さらに、折り紙の花束も渡したのが始まりかも。

それ以来、
ちゃんと、前の日までに
花屋さんに自分で行って、
誰に渡すどんな花か、自分でオーダーして、
おこづかい制になった今年からは、
自分のおこづかいから支払っています。

たいていの花屋さんは、
ジエンコが一生懸命どんな花束か説明すると、
ニコニコしながらおまけしてくれるので、
値段の2~5割増しくらいの豪華な花束になります。

今年の花束もかわいかった。

先生もとても喜んでくれて、
翌日、ちょっとお会いした時、
「一日中お花を見ています!」
と言ってくれました。

来月の「先生の先生」の発表会でも
「先生の先生」に花束を渡すので、
結構な出費に。
お金を払う時には、
ジエンコはさみしい顔をするのですが、
発表会の後、
すがすがしい気分で、
先生に花束を手渡して、
お礼を言って、
お話しするひと時、
やっぱり、今年も花束を用意してよかったな。
と思うんだそうです。

時々、
知恵袋的なサイトで、
「先生にお礼って必要ですか?」
という質問が出ますが、
必要かどうかで考えたら、
必要ではないかもしれないけど、
ジエンコが先生に花束を渡したいから渡しています。

(ちなみに、お歳暮的なものは、
saccoの趣味で、
11月末にチョコレートの入った
アドベントカレンダーをお渡ししてます。
ピアノの先生とアートの先生に)

ジエンコのお財布は痛むんだけど、
その話をすると、
ジジババがご褒美に図書カードをくれたりして、
どこかで補填されてる。。。

さーて、
次は連弾!
何を選ぶか楽しみです!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村

プロフィール

sacco

Author:sacco
ピアノ・アート・空手・英語・そして絵本。
やさしいおにいちゃん・ジエンコ小5と、
おにいちゃん大好き妹・レイコ小2。
学校図書館での経験や留学歴も、絵本子育てにお役立ち。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR