FC2ブログ

2019-10-17

5年生 音読 はじめから


出産後、saccoがお仕事を再開してから6年。
その間、ジエンレイコの親子英語はかなり停滞してました。

たくさん買ったDVDも見なくなり、
かけ流しをしなくなり、
英語絵本の読み聞かせが少なくなり、
語りかけも激減。。。。

保育園年長の頃のジエンコは、
音読に興味がなかったので、
無理にやらせず、
フラッシュカードやチャンツをやっていたようないなかったような・・・。

今年の4月から英語を習い事としてはじめたジエンコ、
もともと英語そのものはとても好きで、
苦手感がないので、
英検5級を受験したことを機に、
少しずつ読むことへの興味がわいてきました。

ちゃんと音読をやっているご家庭と比べたら、
ものすごい差だけど、
ジエンコなりの音読をイチから始めました。

今、
5年生のジエンコが、
ストレスなく音読できる絵本は、



懐かしわぁ。

これ、読んでた時の事よく覚えてます。

ジエンコが保育園で肘にけがをして、
腕を吊っていた時、
レイコがジエンコに抱き着かないように、
この本を毎晩読んで、
言い聞かせてました。

まずは、ストレスなく読める本を、
毎晩、嫌にならない程度に音読して、
だんだんレベルを上げてく。

他のご家庭と比べても仕方ない。

少なくとも、
読もうと思ったときに、
いつでも本がある環境だけは整ってる。

Charlie and lola は買い始めた時もそうだけど、
兄・妹 でジエンレイコが共感できるので、
もっと買ってもいいし!

(saccoが趣味で買い集めている洋書の名作絵本が
リビングの本棚にパンパンに詰め込まれている
しかも、増え続けてる。)

ジエンレイコにはまだまだkindleで自由に読ませる気はないので、

 

簡単なものを買い足し。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



2017-01-14

和書絵本の英語版


常日頃から、
英語絵本を選ぶ基準として、

「英語圏で出版されたもの」

というのを大事にしてきたような気がする。

しかし、

今回は、表紙を見た瞬間に敗北宣言。

DSC_0651.jpg

誰が勝てるというの、このステキさに。
いや、勝てまいよ。
即購入。

日本の絵本作家 ヨシタケシンスケ さんの

『りんごかもしれない』


英語版 It Might be an Apple


『ぼくのニセモノをつくるには』


英語版  Can I Build Another Me?


『このあと どうしちゃおう』


英語版 What Happens Next? (4月に発売)


ところでこれ、
どこにも翻訳者の名前がないんですが、
日本の絵本の英語版って、いつも翻訳者って載ってませんでしたっけ?

英語絵本の日本語翻訳版は、
必ず「だれだれ訳」って載ってますよね?

アーノルド・ローベル作/三木卓訳
レオ・レオニ作/谷川俊太郎訳

ってね?

あまり重要ではないのかしら?

私が、
和書の英語版をあまり良く思っていない理由の一つに、
翻訳のへぼさがあります。

以前、隣の市の図書館で、
「ぐりとぐら」シリーズの本の英語版を1冊借りたのですが、
ぐりとぐら が 本来持っている自然なリズムがすべて失われ、
ただ訳しただけの本になっていて、
がっかりというか、失望しました。
こんなにひどくするくらいなら、訳さないでほしい。って思った。
ぐりとぐらシリーズの英語版は、
いくつか種類があるようなので、
たまたま外れだったのかもしれませんが・・・

また、
海外絵本の日本版についても、
好きな翻訳家、嫌いな翻訳家が何人かいて、
ちょっと楽しみにしていた日本語版が嫌いな翻訳家だったりすると、
もー、台無しにされた気がして、勝手にイライラします。
普段は「苦手」「好きじゃない」くらいの表現ですが、
翻訳についてははっきり「嫌い」。

で、今回のヨシタケシンスケさんの絵本ですが、
「fine!」
良いですよ。
違和感なし。
自然。
むしろすばらしい。
(↑ナニサマ?(笑))

安心しました。

ジエンレイコももちろん、
日本語版のファンですので、
英語版にも食いついてくれるかな?

あと、
最近全然英語絵本を買っていなかったので、
久しぶりにお安い絵本を何冊か買いましたので、
そのうち報告します。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


2017-01-11

「げっつよーびサイヤンゲ!」「さいやんげ?」


ある小学1年生男子が絵本を音読していて、

「おれ、これ、歌える。『げっつよーび、サイヤンゲ!』」

・・・・さいやんげ?

お、おおう。

さやいんげん な?



↑の絵本の歌を歌ったんだねー。
さやいんげんがさいやんげんにみえたんだね。

sacco来週イベントで、
この、日本語の本と、

こっちの、



英語の本、
歌で読み聞かせすることになってるんだけど、
もう、
「さやいんげん」って言える気がしない。
絶対に「サイヤンゲ!」って言っちゃう。

しかも、そのたびに、

「サイヤングって誰だっけ?メジャーリーガー?」

って自分で自分にツッコむと思う。

もう、
諦めて
こっち↓の本に変更しようかな?

 

でも、曜日のお題が出てるしな。

すると、↓これ?



でも、一緒に歌える。っていうお題が出てるしな。



『はらぺこあおむし』は歌が日本語版しかないんだよなぁ。

JM先生と相談しなきゃだけど、
「普通にやってください」って言われそう。

はぁ。

何とかして、「サイヤンゲ!」を頭から追い出さなければ。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2015-12-02

アドベントカレンダー2015


今年は、これ!


P1002504.jpg

(はっ!写真が寄りすぎてて良くわからない。。。)


チョコレートアドベントカレンダーです。

1日分にお菓子が2個入っているってどこかで読んで、
それなら、ジエンレイコでもめなくていいかな?と思って、
今年はROYCEにしました。

でも、
昨日は、大きめのチョコウエハース1個。。。。。

あら?

そしたら今日は2個入ってました。

そう。。。
2個入りの日もあるってことね。

これまでにパン屋さんのドンクのアドベントカレンダーや、
メリーチョコレートのアドベントカレンダーを買ったけど、
ROYCEは今までで一番大きいです。
ダイニングテーブルにデーンと場所をとっています。

ま、でも、
これでカウントダウンして楽しんでくれるならいいでしょう。


そろそろチョコレートは卒業して、



欲しいものリストに入れっぱなしの、
エリック・カールを買おうかなぁ?

私の口には入らないけど、
アドベントカレンダーって、
大人の私も結構楽しいんだよね。

だからきっと来年も買っちゃう。

お歳暮替わりにも贈ったりしてるので、
きっとね。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 

  


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村



2015-09-08

爆笑!英語絵本


何ヶ月ぶりの英語絵本ネタでしょう?

まだやってたんだねー、sacco家の親子英語(笑)。




2年以上も前に購入して、
もはや買ったことさえも忘れていたこの本が、
他の在庫を出す時に一緒にでてきたので、
ジエンコに読ませてみたら、
ばかうけ。

Chapter 1 「Look」
Look と Oh しか出てこなかったことが、
ジエンコには衝撃だったらしく、
珍しく、レイコに聞こえるようにしっかりと声に出して読んでました。
Look と Oh しか 出てこないけど。。。。

ははは。
ジエンコの持てる力としては、
いくらなんでももう少し難しい本も読めるのですが、
彼は「英語の本は読んでもらうもの」として、
絶対に自分で読もうとはしないので、
単語ばかりの本でも、
声に出して読んでくれてよかったよ。

ジエンコがいつまで頑固に
「英語の本は自分じゃ読まない」
と言い張り続けるかはわからないけど、
毎晩の読み聞かせは楽しいみたいだし、
新しい本を買ったかどうか毎週聞かれるので、
読み聞かせを続ける意味はあるのかもしれない。

この、Dick and Jane シリーズは、
以前100円を切っていた時に数冊買ったので、
ジエンコが爆笑して読んでくれる間は、
読み聞かせに織り交ぜて読んでもらおう。




Jane と Sally が着てるドレスのレトロさがもー、かわいくって可愛くって!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

プロフィール

sacco

Author:sacco
絵本と英語でゆるーく子育て。
やさしいおにいちゃん・ジエンコ8歳と、
おにいちゃん大好き妹・レイコ5歳。
学校図書館での経験や留学歴も、絵本子育てにお役立ち。
おにいちゃんのピアノ練習記録と妹のお絵かき教室の記事もちらほら。
長野県在住です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR