FC2ブログ

2012-03-28

ドリル選び 英語以外の家庭学習

以前のブログで、
ぐずぐず書いていたジエンコの家庭学習で使うドリルの件、

いろいろと比較してみました。

まず最初に市販のドリルを次々に買い与えて終わったら次を買えばいいか・・・
と思ってたところから始まったんですが、
買ってみてわかったのは、
その時のレベルに合わせて私が選択して系統立てて1年間勉強するのは、
結構難しいと言うこと。

1冊良くても、その上のドリルや、似た問題の載ってるドリルが、
必ずあるわけじゃないからですね。

つーわけで、市販のドリルがダメなら、
通信教育のドリルやワークを試すか・・・と、


我が家で検討したのは、
おもに以下の5つの教材です。

がんばる舎

いちぶんのいち

すくすくどんどん

ポピー

七田式プリント


「がんばる舎」と「いちぶんのいち」
同じ会社のものだよ・・・みたいなことを、
以前どこかで読んだような気がしますが・・・

どちらもサンプルをダウンロードしてジエンコとやってみました。

がんばる舎はB4の大きなプリントで、
問題も大きく書かれていて、のびのびと勉強できそうですが、
我が家のプリンターでA4でプリントしたのでその良さは分からず・・・。
ジエンコはまだひらがなをまったく読めないので、
サンプルはすてっぷ2の簡単な方からプリントしてみました。
私が保護者用のプリントを見ながら一緒にやったらできました。
難しすぎず、簡単すぎず、ジエンコのレベルにあってると思いました。

ただ・・・・。
大きな紙に対して、問題が1つ・・・というか1種類で、
少ない。
保護者用のプリントも付いてくるようですが、それもB4に1枚。
問題プリントは1ヶ月分20枚、保護者用のプリントが同じく20枚
他に読み物。
プリントアウトした6枚のサンプルはあっという間に終わっちゃったので、
20枚だと1週間ももたないですね。
そう思うと1ヶ月660円でも安くないような・・・
たとえば、がんばる舎の「まとめだし」を利用して、
1年分の教材を一度に送ってもらっても、
1ヶ月に3冊やってしまうと、1980円になってしまう・・・
これって、実は安くないのでは?

なのでがんばる舎は高い!という気がしてきました。


次に、
いちぶんのいち

A4のノート型だそうです。
年少版の最初のサンプルから、
ひらがなやすうじの読み・・・・。
ジエンコ、まったくそのレベルではありません。
読めるようになってからだなぁ。
そして、こちらも月に600円と安いようですが、
1冊23枚。
なんとなく物足りない。
どのみち読めないからむいてないわね。

すくすくどんどん
教育デザイン研究所というところが出しているプリントで、
冊子になっているもの、ダウンロードして使えるPDF版、そのPDFをCDにしたものが選べて、
どれもリーズナブル。
特にPDFワークのダウンロードは、
1年齢分240枚分で、1500円ととにかくお安い。
内容もジエンコにぴったりくらいのものがあったので、
いいかも!と思ってやらせてみたら・・・

私は「イチゴ」だと思うイラストをジエンコが「ピーマン!」と言ったり、
B4判のプリントを我が家でA4で出しているの都合なのか、
白黒のイラストがつぶれちゃって判別しにくいところがチラホラ・・・
むむむ・・・・

プリントサイズの問題かなぁ・・・
あと、もうひとつ気になるのは、
がんばる舎のステップと一緒で、
こどものプリントには問題文が書いてないので、
保護者用をプリントして読みあげなきゃいけないこと。
つきっきりでやるのはいいんだけど、
問題文くらい子供用にも書いたらいいのに・・・

次、ポピー
最近、石川遼クンを広告に使ってますね。
資料請求してみたのですが・・・

他のシンプルな教材に比べて、
カラーで、良い紙を使って、シールやキャラクターのストーリーもあって豪華なこと!
ビックリしました。
ただ、内容も簡単すぎてビックリ・・・・
ダンナの感想は「(幼児雑誌の)めばえみたい。」
私の感想は、「こどもちゃれんじのダイレクトメールみたい」
と言うわけで、ジエンコはサンプルを喜んでやってましたが、
たまに「めばえ」とか「幼稚園」を買ってやったらいいようなレベルなのでこれはないです。

七田式プリントA
とにかく高いし、チャイルドアカデミーや右脳教育など賛否両論の七田式・・・
半信半疑で、とりあえず資料請求してみtら・・・・

このプリントいいですね。
1日に「ちえ」「もじ」「かず」の3つの分野から1枚ずつ計3枚やるんですが、
3枚の内容が多くも少なくもない。
2歳半になったら取り組めるというこのプリントが、
3歳8カ月のジエンコにちょうどいい。
サンプルは9ページで3日間にわたって、
説明通り3つの分野を1枚ずつやらせたところ、
時間も大体15分くらい、もうちょっとやりたい感じで終わったので、
その分は迷路をしたりお絵かきしたりして・・・

あらー、うさんくさいと思ってたのに、
やってみないと分からないものですね・・・
人気の理由が分かりました。

1分野1冊が24枚×10冊を3分野だから、720枚のセットで、
七田の夢育て友の会とかいう会員にならなきゃ買えないので、
それの年会費も合わせてセット割引16000円・・・

どうなの?幼児の教材として・・・16000円。

いやしかし、最初のがんばる舎だったら、
1年分のまとめ出しが7260円で、
3,4ヶ月で終わってしまって、次々にまとめ出ししてもらったら、
1年間に20000円かかることもあるわけだ・・・
しかも、1日に何枚と決まっていないと、
根気・継続・努力の苦手なsacco的に、
「昨日は10枚もやったし、今日はやらなくてもいいか、教材もったいないし」
みたいなことをすぐに言い出して、続けなくなるに違いない。

そうなると、七田のプリントうまくできてるなー。
最初に16000円払っても、12ヶ月で割れば1333円/月。
最初にスキャンしておいて、レイコがやる時にプリントしてもいいし、
きれいにスキャンできたら、もとのプリントはオクでうっぱらうとか・・・


と、言うわけで、私の心は七田に傾いてきました。

すくすくどんどんの教育デザイン研究所がもう少し宣伝に力を入れていて、
使い方のサポートが充実してたらそっちにしたかもなんだけどなー。

と、まあ、今のところこんな感じです。

こちらも、英語読み聞かせと一緒でジエンコ保育園入園とともにスタートを切って、
家庭で学習する習慣を付けるため・・・という考えなので、
そのうちにちょっとその考えも日記にまとめてみようかとは思っています。







スポンサーサイト



テーマ : 子供の教育
ジャンル : 学校・教育

2012-03-28

haircut


昨日、購入を報告した本から、
昨夜は時間があまり取れなかったので、1冊だけをジエンコに読んでみました。

The Haircut


まずは表紙を見て、

「Kipperの ごほん かってくれたの!?」

と大喜び。

sacco   何の本かな?
ジエンコ (櫛を指差して)「これ、なんていうの?」
Sacco  (英語で)「これは櫛だよ」

ってなやり取りの後、

ジエンコ 「とこやさんに いけばいいんじゃない?」
sacco  (英語で)「じゃ、読んでみよう!」

で読み始めました。

昨日は、ガイドブックをもとに簡単な文章を作って・・・と思ってましたが、
もー、もっともっと、簡単でシンプルな文章にして、
たりない部分は英語と日本語で補足しました。

ジエンコの行ってる1000円カットの床屋さんは、
シャンプーをしないので、
Kipperがシャンプーしてるページをじっと眺めて、
珍しそうにしてました。

一通り読んだあとは、
主人公をKipperからジエンコに変えて読んでみました。

4月から保育園のジエンコは、
明日29日にばあちゃんと床屋さんへ行く予定なので、

ジエンコくん、髪が長すぎるね。
髪の毛を切らなくちゃ。
床屋さんへ行こう。
ばあちゃんと一緒にね。
気持ちがいいね。
どんな髪型にしようか?
お母さん、どうかな?

という感じで・・・・

ジエンコはKipper の本、というだけで気に入ったようで、
まだ、ひらがなも読めないし、自分で本を読む気もないので、
文字のあるなしには気づいてもいないようでした・・・・。

ま、いいか。

Wordless Stories、どうかな?と思ってたけど、
ちょっと準備すれば読んであげられるし、
ジエンコの「今」にぴったりだし、
買って正解でした。

そして、今、簡単なお話を作りながら読むのもいいけど、
数年後に順調に読み進めていたら、
自分でお話を作ってみるなんて事もできるんじゃないかしら?

と、妄想を膨らませました。

もう一冊、

At School


を出して、入園式までに楽しんでみようかな?






ランキングはじめたら、更新が楽しくなってきました。
応援クリック、よろしくお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

 

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

sacco

Author:sacco
絵本と英語でゆるーく子育て。
やさしいおにいちゃん・ジエンコ8歳と、
おにいちゃん大好き妹・レイコ5歳。
学校図書館での経験や留学歴も、絵本子育てにお役立ち。
おにいちゃんのピアノ練習記録と妹のお絵かき教室の記事もちらほら。
長野県在住です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR