FC2ブログ

2012-09-04

図書館となかよし


ジエンコがリクエストした本が入ったと言うので、
図書館に行ってきました。


今回の本は、正真正銘ジエンコが自分でリクエストして、自分で借りた本。

保育園では毎朝絵本の時間があって、
担任の先生が絵本を読んでくれるのですが、
ジエンコはその本が気に入ると、
題名や内容をしっかり覚えてきて、教えてくれます。

先月読んでもらった、
『ぼくのおべんとう』『わたしのおべんとう』
 


↑がとても気に入ったジエンコは、
題名も内容もはっきりと正確に覚えてきて、
「ぼくはこのごほんを またよみたい」
と宣言したのです。

私は以前小学校の図書館で図書館の先生をしていたことがあるので、
有名どころの絵本は題名や名前を聞けば、
誰が書いたどんな本でどんなサイズでどんな表紙なのか、だいたい分かります。

そして、この本が(この有名な本が!)町の図書館に入っていないことも知ってました。

なので、
ジエンコに、
図書館に行ったら、図書館のお姉さんにこの本があるか聞くこと。
無かったら「リクエスト」できるか聞くこと。
を指導して、一緒に図書館へ。

カウンターでいつものお姉さんにあいさつしてから、
自分で聞いて、リクエストの紙をもらってきました。
記入したのは私ですが、その後「リクエストお願いします」と紙を出すのもジエンコがやりました。

借りる時も、「リクエストの本を借りに来ました。」と自分で借りました。

ジエンコはそのすべてが嬉しかったみたいで、
ずーっとずーっとその本を読んでました。
(もうひらがなはだいぶ読めると思うんだけど、読む気なし。
 暗記しているところを読んでるふりしてるだけ~)

町の図書館から最も近い家に住んでいる子どものひとりとして、
図書館とはとても上手に付き合っていると思いますね。

レイコが生まれる前に、図書館の本を破いてしまって、
泣きながら謝りに行ったこともありましたけど。
(破いたことはもちろんジエンコが悪いんだけど、
 破いたことに私としても納得できる理由があって、
 でも、破いたことは謝らなくてはいけないので、
 ジエンコにも私にも葛藤があり、
 余計に泣けたのでした。私ももらい泣きしました。)

いなかの図書館なんでね。。。。
洋書もないし、あれもこれもないし、古いし、狭いし、
何かとアレですけど、
うまく付き合えばメリットもたくさんあります。

職員の皆さんもみんなジエンコを良く知っていて良くしてくれるし。
(難を言えばみなさん非常におとなしい。もうちょっとピリッと活きのいい人も欲しい)

ああ、ジエンコ。
そのうち自分で本が読めるようになるのかしらね?

読み書きは5歳からでいいと思いながら、
どーしてこんなに本好きなのに読みたいと思わないのかしら?
っていつも不思議になるんです。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 子供の教育
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

sacco

Author:sacco
絵本と英語でゆるーく子育て。
やさしいおにいちゃん・ジエンコ8歳と、
おにいちゃん大好き妹・レイコ5歳。
学校図書館での経験や留学歴も、絵本子育てにお役立ち。
おにいちゃんのピアノ練習記録と妹のお絵かき教室の記事もちらほら。
長野県在住です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR