FC2ブログ

2013-02-14

フラッシュカードを見ると英語になる?


昨日はジエンコ2回目のピアノのレッスン。


楽しみで楽しみで待ち遠しかったようです。
その分、毎日たくさん練習しました。

「まだ右手の『ド』しか出てこないのに、毎日練習って言ったって・・・・。」

という気持ちを(私が)ぐっとこらえて、
シール2段構え作戦で、「毎日練習」の習慣作り中です。

レイコもピアノやピアノ教室の備品に興味津々なんだけど、
最初から連れていくとうるさくてジエンコのレッスンにならないので、
最初はジエンコだけを教室に入れ、
後半になったら、私とレイコも入って、
リトミックや宿題の確認をして、私と先生が宿題やその他についてお話をして終わりです。

昨日は後半になってから
レイコを連れてそーっと入ったら、
ちょうどリトミック的な部分が始まったところでした。

二分音符、四分音符、八分音符のカードを使って、
先生が弾いたのは、どのカード?
カードを取って、リズムに合わせて走ったり、歩いたり。

というような内容。

音符の書いてあるカードの裏は、
男の子の絵が描いてあって、
そのひとつは走ってる絵だったんだけど、

「この男の子、なにしてる?」

って聞かれたジエンコ、
おもむろに

"Run."

と言いました。

どうせなら、
"running"
の方が・・・?。

い、いや。
そういう問題ではないですね。

先生はステキスイートな先生なので、
ごく自然に、

「英語で言ってくれたの?そうだね~」

とごくやさしく答えてくれて良かったけれど、
その後の様子を見ていたら、
ジエンコが英語で答えた理由がなんとなくわかってきた。


フラッシュカードだ。

普段から、
日本語で聞かれれば日本語で、
英語で聞かれれば英語で答えるのが、自然になっていて、
混ざってしまったり、混乱したりと言うことはありませんでした。

でも、
我が家で、少しでもフラッシュカードをつかったアクティビティーをするとしたら、
それは必ず英語がらみなんだよね・・・。

だから、
フラッシュカードを見せながら、
「これなあに?」って聞かれると、
質問は日本語なのに、
反射的に英語で答えてしまう様子・・・。

でも、
口に出してから自分でも「あれ?」って思ったみたいで、

「はしってる」

と言い直してました。

他にもゾウさんとか、うさぎさんとか、
馴染みのある動物や物が出てくると、
英語が出かかってましたが、自分で修正してました。

フラッシュカードっていっても、
我が家のフラッシュカードって、
何かの付録とか、私が簡単な取り組み用に作ったものとか、
数十枚しかないし、
フラッシュするような使い方もしてないんだけど、
ジエンコにとってはそれだけ「英語」の印象を与えるものなんだなー。

フラッシュカード、
あんまり早くフラッシュするのは、
意味がなさそうで興味ないんだけど、
カード遊びをしながらだと、
1回教えただけでもその単語を覚えてる事があったりして、
インプットには欠かせないなーって思うんだけど、
作るのは手間だし、買ったら高いし、
いろいろ言い訳してるうちに適齢期を過ぎてしまいそうだなぁ・・・・。

ジエンコの昨日の様子を見てると、
「カードにしてくれたら、すぐ覚えちゃうよ」っていうメッセージっていう気さえするんだけどねー。




教室で先生が使っているような音符のカードは、
家で復習するのに良さそうだから、
ちょっと探してみようかな。
 


無料で探すなら、

「音符 カード」
「clef flashcards」みたいな感じ?

Happy Valentine's Day!!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

プロフィール

sacco

Author:sacco
絵本と英語でゆるーく子育て。
やさしいおにいちゃん・ジエンコ8歳と、
おにいちゃん大好き妹・レイコ5歳。
学校図書館での経験や留学歴も、絵本子育てにお役立ち。
おにいちゃんのピアノ練習記録と妹のお絵かき教室の記事もちらほら。
長野県在住です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR