FC2ブログ

2013-04-11

peacock!


隣の市にある、動物と触れ合える産直市場みたいなところに行ったら、
立派なクジャクが。

レイコがびしっと指をさして、

「Peacock!」

と言ったので、周りの数組の親子連れが驚いて振り向き、
まずレイコを確認、

「あれ?ハーフとか外国人ではないようだ。」

続いて、私を確認。

「どうも腑に落ちない」

という感じでした。
レイコはどんどん言葉が増えてるので、
今後こんな状況になることは多いんだろうなぁ。


また、お店の中では、
恐竜の置物を見て(どんな産直なんだ!)、
レイコが怖がって大泣き。
偶然居合わせた英語圏からの観光客(?)の男性に、

「どうかしましたか?」的なことを英語で聞かれたので、

「この子、恐竜が怖いんです。」

と英語で言ったら、

レイコに向かって、

「ぼくだって、恐竜は怖いよ」

と英語で慰めてくれたんだけど、
知らない男性に話しかけられて、固まってしまい、
みんなで苦笑い。

レイコの声を聞きつけてやってきた、
外国人男性の連れの女性(日本人)に、

「通じてた」

見たいなことを言いながら、こっちを見て微笑んでた。

時々あるのだが、
英語で話しかけられたので、英語で答えると驚かれる。

まぁね~、
いなかの産直で「通じる」と驚くかもね。

てなことがありましたとさ。

今日の読み聞かせは、




我が家の本棚には、
私がジエンコくらいのころから持っている、
日本語版の「スイミー」もあるんだけど、




先週、ジエンコの希望で読み比べたところ、

「えいごのほうが いいね」

って事になって、
いつも英語の絵本を読んでいます。

でも、ジエンコの「英語の方がいい」は、私の真似をしてるだけかも。

「もともと英語のものは、英語のままの方がいいよ」
テレビやDVDを英語で見せる時にジエンコを説得してるから~。

ははは。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

sacco

Author:sacco
ピアノ・アート・空手・英語・そして絵本。
やさしいおにいちゃん・ジエンコ小5と、
おにいちゃん大好き妹・レイコ小2。
学校図書館での経験や留学歴も、絵本子育てにお役立ち。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR