FC2ブログ

2013-10-10

『おれ、バルサに入る!』を読んだ


タイトルどおりですね。

『おれ、バルサに入る!』
久保 健史

読みました。




2011年にFC・バルセロナの下部組織に9歳で入団した男の子の父親が、
いかにして息子をバルサに入れたか を 自ら記した本です。

前から読みたいなーって思ってて、
図書館にリクエストして入れてもらいました。

これを読んでからね、
私が思考と言うか、妄想?の深みにハマっちゃって、
ずーっとずーっと考え続けていて、
まとまらないので、フツーのブログを書く時間もないほどなのです(ホントか?)。


ごく簡単にざっくり表現するなら、

才能って何だろう?
親の役目って何だろう?

って事を考えているんです。


バルサの下部組織に入って活躍しているたけふさくんもそうだし、
最近なら、体操のシライくんとか、その他活躍しているスポーツ選手にも多いですが、
親が指導者だったり、特定のスポーツに熱心だったりして、
ものごごろついた時からそのスポーツを専門的にやっていて、
若いうちから才能が開花して、
活躍する。

「すごいなー」のひとことなんですが、

なんとなくどこかで、
なんだかなー?ってひっかかる部分がいつもある。

こどもの夢ってさー、
将来何になりたいかってさー、
そういう気持ちを持って、それに向かっていくこと、
それをまわりの人間ができる限り応援することって、すごく重要だよね。


ジエンレイコが「ナニナニになりたいなー」って言ったら、
それが「プリンセス」でも「リス」でも「かいじゅう」でも「爆丸はかせ」でも、
尊重して
「そうかー、それになるにはねぇ~」
と話を広げて、
「ナニナニになりたかったら、コレコレができるといいよ」
とか発展させてみたりね、
そういうふうに関連付けていくとしてさ、
でも、実際には「リス」とか「かいじゅう」にはならないような気がするし、
「プリンセス」と「爆丸はかせ」はなくもないけど、
なりたいものはかなり頻繁に変わるし、

私自身やダンナが何かの職人やスポーツ選手で、
子どもにその魅力を伝えたい!というものがあれば、
こどもの意思を尊重しながら、その道へ進む人生もあると言うことを伝えられるんだろうね。
前出のスポーツ選手はこのパターンだよね。
我が家の場合は、
私もダンナも飛びぬけて何がどう。。。というものもないしね。

で、結局は、
子どもたちが本当にやりたいことを見つけた時に、
どんな道にも進めるように、
基礎学力をあげて、常識を教えて、見聞を広めさせておこう!
って、私はそういう風に落ち着いてしまうんだけど、
それでいいんだっけ?

って誰かに聞きたいような、自分に突っ込みたいようなかんじ。

いや、いいんだろうけど。

そして、そこまで考える必要もないんだろうけど、

さらには、「もっと子どもにしてやれることがあるはず!」と意気込むほど、
熱心でもないんだけど。

あとは、こどもの将来の事はこどもが決めることでしょう、っていう大前提もあるし。


親の役割ってなんだろうね?
こどもの才能って、才能って難しいね。
専門性って、汎用性って、とか、
無駄に何にでも器用になったところで、、、、

と、まだまだ深みにハマっていく秋の夜長なのです。


あー、
単純に本の感想は、

テレビのニュースでちょっと見ただけのたけふさくんの事が分かって、
おもしろかった。
お父さんはこういう本を書いてくれて良かった。
私の好奇心がちょっとだけ満たされた。
もっと、弟の事や、スペインでの生活に突っ込んだことや、
お金がらみの事をぶっちゃけてくれたら尚よかったろう。
お母さんのことをもっと読みたい。
サッカーの練習メニューやその考え方は、
詳しいことは分からないが、ものすごく工夫されていて、
その工夫や子どもをいかにやる気にさせてきたか、
という部分では非常に参考なるが、
上の記事でも触れたように、
こうなると子どもの本当の自由意思と言うものはどこにあるのか心配にはなった。
そして、サッカーだけでなく、こんなことをこんな風に、、、、
という教育方針や子どもへの接し方を読んで、
ご両親のデキスギ感をなんとなく居心地悪く思わなくもなかったり。

ま、考え過ぎですね。

いつもの。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

ジエンコは今日遠足でした。

今は、祖父母に連れられて、いとこたちとイルミネーションを見に行ってます。

出かける前にピアノの練習も忘れませんでした。

そうそう、ピアノの記事ね。

忘れないうちに書きたいです。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

sacco

Author:sacco
絵本と英語でゆるーく子育て。
やさしいおにいちゃん・ジエンコ8歳と、
おにいちゃん大好き妹・レイコ5歳。
学校図書館での経験や留学歴も、絵本子育てにお役立ち。
おにいちゃんのピアノ練習記録と妹のお絵かき教室の記事もちらほら。
長野県在住です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR