FC2ブログ

2017-01-27

演奏中の写真


昨年12月に行われた、
ジエンコの二つ目のピアノ教室から、
発表会の写真が届きました。

いつもの教室の方じゃなくて、
いつもの教室の先生の先生にあたる方の教室の発表会で
(↑わかりにくい・・・)
特別に参加させてもらったものです。

そのことについてはこちらの記事で。
(二つの教室の発表会が終わりました。)

発表会の後で全員で撮った集合写真だけでなく、
演奏中の写真もありました!

DSC_0672.jpg

わーい!

これ、ちょっと嬉しい。

この発表会の時は、
レイコが風邪をひいていて、
saccoが一人で連れて行ったから、
ビデオは撮ったけど、
カメラが荷物になるのが嫌で、
一眼持っていかなかったので、
写真がなかったのよ。

連弾とひとりのと2枚ももらいました。

ジエンコ、この発表会には、

「特別に出てもらうから、参加費とかはいいわよ」

と言われて、
無料で参加させていただいたのでした。

しかも、発表会前の最後のレッスンも、
急に連弾をすることになったせいでレッスンしているから、
と言って、レッスン料を受け取ってもらえなかったので、
全体的にジエンコ丸儲け。

記念品も記念写真ももらって、
嬉しいやら、申し訳ないやら。。。。


「来年は、ちゃんともらうわよ」

と先生は言ってましたが、
それを聞いたジエンコは、

「来年も『出る』決定してたねー。あははー。」

「あはは」じゃねーのよ。
来年、というか、今年の発表会も呼んでもらえるように精進したまえよ。


にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。
応援はピアノのバナー ↑ をクリック。




スポンサーサイト



2017-01-23

漢字を調べる


漢字の本を買いました。

漢字を調べさせるストレスが減りました。



ジエンコが漢字を練習するのを見ていて、
書き順が違ってるなー。
とか、
そこはもう少し長いはずだなーって、
思いはしても、
確信を持って、

「こうです。」

と教えることはできない残念な大人・sacco。

私が愛用している紙の漢和辞典には、
書き順は載っていません。



漢字をジエンコ自身に調べさせるには、
教科書か、学校で使っている漢字練習帳を使っていましたが、
どちらも上下に分かれているし、
索引で引けないのでとっても不便。

漢字ポスターや、



普通の漢字辞典も検討しましたが、



調べるのに時間がかかり過ぎる!

それで、
小2の漢字練習で
検索しまくって結局買ったのがこれ!



便利。

うっとり。

例えば、

「鳴」

ジエンコは9画目を短く書くので今までに何度も調べさせてますが、
この本の音訓索引は、
「な・る」 でも 「メイ」 でも調べられる!

すぐ見つかる!

漢字の書き順やはね・はらいを調べるついでに、
意味や慣用句なんかも出てきて、
ちょっとした知識も身につくかしら?

やらせてみてわかったことですが、
ジエンコは索引で調べるのは上手。

学童クラブで、ポケモン図鑑を引いてるからだね。



ジエンコ頑張れー!と↓をクリックしてくださいな。
にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村

2017-01-22

「たくさん弾いているのがわかりますよ。」


昨日は1年ぶりの調律でした。

DSC_0667.jpg

前板と鍵盤蓋を外してすぐに

「よく弾いてますね。たくさん弾いているのがよくわかります」

と言ってました。

フェルトのカスが鍵盤の奥の方に落ちているのを見てわかるそうです。

「よく使っているのは、ここから、ここまで。」

とフェルトのカスが落ちている個所を見せてもらいました。

なるほど、なるほど。

フェルトのカスって、
虫食いとか、ほこりで汚れてるとかそんな感じで悪いことかと思ってましたが、
そのへんは大丈夫で、
カスの落ち加減から
よく弾いているな。とわかるそうです。

ふーん。

ということで、
1時間15分の作業で、
なんとなく音がきりっとしました。

購入したのが12月だったので、
毎年12月に調律するスケジュールになるはずだったんだけど、
大掃除の時期によって、
ピアノの周りはsaccoの本のコレクションが積みあがってることがあって、
調律師さんと相談しているうちに毎年1月にお願いするようになりました。

ピアノの購入にはさんざん文句を言ったダンナですが、
年に1度の調律は必要と認めているので、
文句も言われません。

ピアノを購入した時と違って、
saccoが働いているというのも大きいのでしょうが。

さあ、ジエンコ。
いっぱいフェルトのカスを落としたまえ。


にほんブログ村


2017-01-20

字を書く姿勢


前回から引き続き、
ジエンコ・小学2年生・男児の宿題の話。

ジエンコは宿題にやり直しがない日はありません。
そのやり直しを、
saccoは家事をしながらとにかくよく見るようにしています。

先日書いたように、
宿題のていねいさをしつこく見ているだけでなく、
宿題をしている時の姿勢も見ています。

DSC_0666.jpg


椅子の位置、
椅子のどこにお尻を置くか、
机から体をどのくらい離すか、
宿題プリントの置き方、
えんぴつの持ち方、
紙を押さえる手の置き方。

チェック項目は果てしなくあります。

子どものえんぴつの持ち方って、
完全に定着するまで何年でも見てあげないと、
簡単に自己流になってしまいます。

いろんなパターンがありますが、
親指を人差し指にかぶせてしまう、
または、反対に、
人差し指が親指の爪の上に乗っている、
というタイプがよくあります。

どちらも極端に肘を曲げるようになるので、
だんだんと、
上体が机に近づき、
紙も斜めにするか、最終的には真横に角度を変えないと、
文字が書けなくなります。

これは、
身近にいて勉強を見てあげる人が、
根気よく気を付けてあげなければならない
勉強の大切なポイントの一つだと思っています。

最終的には、
良い姿勢で書いているほうが楽で、
良い字が書けるようになります。

ジエンコは2年生の3学期の今でも、
入学時と同じ2Bの三角えんぴつです。
まだまだ修行が必要です。



レイコは、くもんの4B。
ジエンコが厳しく指導されているのを見て、
自分で直すようにしています。



上手に持てているので、2Bでもいいかも。



ただ、
レイコはまだ5歳。
小学校に入ったら、イチから教えてくれるので、
変なクセがついてない限り、
厳しくはしてません。

小学校1年生で、
あんなに丁寧に字の書き方を教わるのに、
毎日のチェックを怠ったばかりに、
自己流の変な書き方になるのはもったいないですよ。

3年生になったら、習字も始まるようだし、
文字と姿勢のチェックはまだまだ何年も続きます。

saccoは・・・
残念ながら字はすごく下手です。
性格がにじみ出たような文字で、
あっちこっちにとっ散らかってます。

今から、書道とか習いたいくらいです。

子どもの字って、
ほんとに、ピアノと一緒ね。
変なクセがつかないように、
根気よく正しい姿勢を教えてあげないと、
自己流で変な風になっちゃうところ。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村

2017-01-17

宿題やり直し


ジエンコ・2年生は、学童クラブで宿題をしてきます。
saccoが学童に迎えに行って、自宅に帰宅するとすぐ、
宿題やり直しタイムが始まります。

「お母さんに見てもらう」

のではないのです。

「やり直しタイム」

なのです。

1年生の3学期頃に、

「これからは宿題のチェックは『やってあるかどうか』だけでいいです。
 間違っていたら、学校での答え合わせで間違いを見つけて直していくようにします」

と担任の先生に言われた気がします。
その時は、

「そうか、そうか」

と思ったものですが、
今は、それどころじゃないんです。

汚いんです。

自分の名前、漢字練習、数字、図形。

すべてが雑にやっつけられていて、
読めやしないんです。

だから、
内容や、計算問題の答えなんてチェックしません。

読める字で書けているかどうか

チェックするんです。

そして、saccoがえんぴつでうすーく〇をつけます。
〇をつけられた字は書き直しです。

学童クラブでは20~30分ほど、
宿題の時間があるようですが、
やり直しの時間も実は同じくらいかかります。

そろそろ、
それなら学童の宿題の時間にもっと丁寧にやって、
家でやり直しにならないようにしよう!
と思ってほしいのですが、
なかなかそうはいかないのが小2男児です。

saccoはやり直しになる基準をかなりはっきりと示しています。

漢字なら、
角、はね、途中で線を足さない、マスに収める、

数字なら、
誰が見てもその数字にしか読めない数字。
(0か6かわからないような数字を書かない)

全体的に、
消すなら消したとはっきりわかるように消す。
(まっさらに消せとか、無理なことは言ってない)

それでも、
帰宅してから20~30分ほどやり直しをします。

面倒ですよ。
saccoは夕食の準備の時間だし、
レイコのことも構いたいし、
ピアノの時間も確保したいし。
でも、
たぶん、
今やっておかないと、ジエンコは大変なことになります。

ジエンコのクラスの担任の先生は、
漢字テストの採点が甘いです。
「もう少し厳しく見てもらわないと、
 他の採点者になったときに戸惑います。」
と、
参観日の学級懇談会でも、
2学期の保護者懇談会でも相談したのですが、
saccoにとってはかなりトンチンカンに感じられる理由から、
「それはあまり重要視していない」
と担任によって退けられています。
担任の先生を批判するのは本意ではないので、
じゃ、ま、そういうことなら、家でやるしかねーのかーい?
と思いまして、
びしびしやることにしました。

びしびしやり直しさせるようになって、
1ヶ月半ほど経ちましたが、
学校から持ち帰ってくる漢字のミニテストが、
saccoの採点でも満点に近づいてきました。

これなら3年生になって、
漢字の採点が厳しめの先生になってもついて行かれます。

算数の方は、
理解していないからしてしまう間違いは今のところないように思えます。
ですので、
「読める字」の他はほとんどチェックしてませんが、
帰ってきた宿題やテストを見て、
ケアレスミスならケアレスミスで、
なぜ間違えてしまったのかを言葉で言ってもらいます。

そのくらいかな?

はー、めんどくさー。

でも、こうするしかないのだろうと思ってのことです。

いま、
宿題を「やってあればいい」と思っていると、
高学年になったとき、
家庭での学習や自主勉強で手を抜くようになるタイプっぽいジエンコだから。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村



2017-01-15

ピアノの足元が寒い


我が家のリビングのメイン暖房は床暖房。
リビングの面積の8割くらい敷いてますが、
壁際は入ってません。

ピアノを買うことになったとき、
ピアノの真下になる部分には床暖房が入っていなくてよかったね。
って思ったんだけど、
やっぱりその分、床が冷たかった。

昨年の11月頃から、
ジエンコが足が寒い。
とぶつぶつ言うので、
足に向けてセラミックヒーターとかいろいろ試したんだけど、
やっぱり寒い。という。
ので、
かわいいスリッパを買ってやった!

DSC_0652.jpg

「こんなもので」

と、言うかと思ってたんだけど、

「あったかーい」

と言って、解決。

まだペダル使ってないので、
足元がもこもこしてても問題ないのね。

それにしても、
なぜ、ズボンの裾を折る?ジエンコよ。
足首が出てるから寒いんじゃないの?


にほんブログ村

2017-01-14

和書絵本の英語版


常日頃から、
英語絵本を選ぶ基準として、

「英語圏で出版されたもの」

というのを大事にしてきたような気がする。

しかし、

今回は、表紙を見た瞬間に敗北宣言。

DSC_0651.jpg

誰が勝てるというの、このステキさに。
いや、勝てまいよ。
即購入。

日本の絵本作家 ヨシタケシンスケ さんの

『りんごかもしれない』


英語版 It Might be an Apple


『ぼくのニセモノをつくるには』


英語版  Can I Build Another Me?


『このあと どうしちゃおう』


英語版 What Happens Next? (4月に発売)


ところでこれ、
どこにも翻訳者の名前がないんですが、
日本の絵本の英語版って、いつも翻訳者って載ってませんでしたっけ?

英語絵本の日本語翻訳版は、
必ず「だれだれ訳」って載ってますよね?

アーノルド・ローベル作/三木卓訳
レオ・レオニ作/谷川俊太郎訳

ってね?

あまり重要ではないのかしら?

私が、
和書の英語版をあまり良く思っていない理由の一つに、
翻訳のへぼさがあります。

以前、隣の市の図書館で、
「ぐりとぐら」シリーズの本の英語版を1冊借りたのですが、
ぐりとぐら が 本来持っている自然なリズムがすべて失われ、
ただ訳しただけの本になっていて、
がっかりというか、失望しました。
こんなにひどくするくらいなら、訳さないでほしい。って思った。
ぐりとぐらシリーズの英語版は、
いくつか種類があるようなので、
たまたま外れだったのかもしれませんが・・・

また、
海外絵本の日本版についても、
好きな翻訳家、嫌いな翻訳家が何人かいて、
ちょっと楽しみにしていた日本語版が嫌いな翻訳家だったりすると、
もー、台無しにされた気がして、勝手にイライラします。
普段は「苦手」「好きじゃない」くらいの表現ですが、
翻訳についてははっきり「嫌い」。

で、今回のヨシタケシンスケさんの絵本ですが、
「fine!」
良いですよ。
違和感なし。
自然。
むしろすばらしい。
(↑ナニサマ?(笑))

安心しました。

ジエンレイコももちろん、
日本語版のファンですので、
英語版にも食いついてくれるかな?

あと、
最近全然英語絵本を買っていなかったので、
久しぶりにお安い絵本を何冊か買いましたので、
そのうち報告します。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


2017-01-11

「げっつよーびサイヤンゲ!」「さいやんげ?」


ある小学1年生男子が絵本を音読していて、

「おれ、これ、歌える。『げっつよーび、サイヤンゲ!』」

・・・・さいやんげ?

お、おおう。

さやいんげん な?



↑の絵本の歌を歌ったんだねー。
さやいんげんがさいやんげんにみえたんだね。

sacco来週イベントで、
この、日本語の本と、

こっちの、



英語の本、
歌で読み聞かせすることになってるんだけど、
もう、
「さやいんげん」って言える気がしない。
絶対に「サイヤンゲ!」って言っちゃう。

しかも、そのたびに、

「サイヤングって誰だっけ?メジャーリーガー?」

って自分で自分にツッコむと思う。

もう、
諦めて
こっち↓の本に変更しようかな?

 

でも、曜日のお題が出てるしな。

すると、↓これ?



でも、一緒に歌える。っていうお題が出てるしな。



『はらぺこあおむし』は歌が日本語版しかないんだよなぁ。

JM先生と相談しなきゃだけど、
「普通にやってください」って言われそう。

はぁ。

何とかして、「サイヤンゲ!」を頭から追い出さなければ。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2017-01-10

ちょっと鍵盤多い?


Z会の体験教材が届きました。
4月から3年生になるジエンコに、
3年生の教材のおためしです。

ジエンコが乗り気の時にちょっと試してみましょう。
でも、まだ始める気はないです。
どんな感じかな?っておためしです。

ところで、
この教材↓の表紙の絵。

DSC_0648.jpg


↑鍵盤多くない?
実際に、何鍵あるのか、
saccoが数えたかどうかはご想像におまかせしますよ。

こんなことしか気にならない、不幸な性格です。
不幸っつか、残念?

今日は、ジエンコの今年初めてのピアノレッスン。
とても楽しかったそうですが、
今日から新学期が始まったジエンコはレッスンの終わりには
あくびが止まりませんでした。
仕方ないか。

そうそう、
ジエンコにはサンタさんからだけでなく、
私からもクリスマスプレゼントが贈られました。




これまで、習ったはずの記号がわからなくなると
教本の巻末にある資料から記号を調べていましたが、
出てくる時期によって教本を何冊も見なくてはならず、
該当する教本を探すのが面倒だったので買ってあげました。

ジエンコはまだ辞書が引けませんが、
私と図鑑を調べて索引慣れしているので、
なんとなく調べ方はわかったようです。

saccoはこの記号辞典好きです。
記号がいっぱい載ってるから。(←そりゃそうでしょうよ)

楽譜が読めないsaccoですが、
ジエンコが習った記号くらいなら今のところ暗記しているので、
ジエンコに訊ねられたら答えてあげることくらい、
できると思いますが、答えません。
教えません。

調べ方を教えて、
調べさせます。

いや、それ以前に、
それくらいの記号、すぐに覚えてしまえ。
と思っていますが、
言っても仕方ないことなので、
「調べな」と言います。

そのうち覚えるでしょう。
それまではいくらでも調べなされ。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村

2017-01-09

地上絵?ダイナミックなお絵かきあそび


saccoの自宅は、
田舎なので敷地が広くて、
車を停めるスペースが10台分くらいあります。
そのうち半分は畑とつながっている砂地なんだけど、
残りの半分は舗装してあります。
なんでそんなに広く舗装したかというと、
ダンナがスケートボード好きで、
家の前で遊びたかったから!
変な人。

でも、舗装してよかったことも。

DSC_0645.jpg

自宅の敷地内にいて、大胆にお絵かき遊びができること!

駐車場の入り口はのぼりのスロープになっているので、
宅配便などで入ってくる車も一呼吸おいて侵入してくるので、
子どもたちはそれを見て一段高いアプローチや、
芝生の庭に良ければいいので安全です。
(だいたい私が見張ってるし)

先日は、地区の行事で遊び足りなかった、
女の子が遊びに来てくれて、
ジエンレイコだけではマンネリだったお絵かきに、
ダイナミックな広がりを作ってくれました。

100円ショップで売っている、
かなり粉っこなになる発色の悪いチョークなんだけど、
どんどん削れるから描いている充実感がある。

このチョーク、もう何箱買ったかな?10箱とか?
ほぼ、買い占める勢いです。

我が家に遊びに来る子どもは、
だいたいこのチョークのとりこになって、
お迎えに来るママたちに、

「これ買ってぇ~!」

って言うんだけど、

「買っても描くとこないでしょう?」

って言われておしまいになるらしい。

我が家の無駄に広い駐車スペースも、
皆様のキャンバスとして役立ってるわけですな。

たまにはちょっといいチョークを買ってみようかなー。

 

お、これとか↓安いぞ。



上のどのタイプも、水で簡単に消えます。

今回も土曜日に描いて、
昨日は雪だったので、
今朝には消えてました。

saccoは駐車場の屋根のついていいるスペースにすごろくを書いて、
ダンナに怒られたことがあります。

屋根の下は自然に消えるには時間がかかりました。
ははは。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村




2017-01-06

歯のメンテナンス2 パノラマX線写真


昨日の「歯のメンテナンス」の続き。

ジエンコは昨日、パノラマX線写真を撮りました。

saccoがお世話になっている歯科医院は完全個室性。
案内される部屋に、衛生士さんがひとりついていて、
クリーニングや歯科指導をしてくれて、
途中か最後に歯科医師が来て、
衛生士さんが気づいた点や
患者さんが気になるところを診てくれます。

レイコとsaccoは同じ部屋に一緒に入ったけど、
ジエンコは別の部屋、別の衛生士さん。

昨年までは、
saccoがついていたので、
ジエンコひとりで大丈夫かしら?って不安だったけど、
ジエンコの自立はともかく、
衛生士さんはプロなので全く問題ありませんでした。

診察がすべて終わった後で、
ジエンコの衛生士さんが書いてくれた診察メモを読んだら、

「パノラマ写真を撮りました!」

って書いてありました。
パノラマ写真って、あの?
昔、写ルンですであった横長の写真???

んなわけない。。。

歯とあごの全体が写るレントゲンのことです。

歯のはえかわりが進んだ、
7歳から10歳ころに一度見てもらうと良いといわれているもので、
永久歯がすべて育っているか確認するレントゲン写真のことです。
研究によると、
日本人の子どもの約10人に1人は、
永久歯が先天的に欠損しているらしく、
待っていても生えてこない歯があるらしいのです。
生えてこない歯があると、
乳歯がうまく抜けなかったり、
欠損部分に他の歯が詰めてきて、
顔の形がゆがんだりしてしまいます。

欠損しているとわかったときに、
いち早く対応できるように、
あごの中で育っている永久歯の様子を見るための
パノラマX線写真なのです。

衛生士さんによると、
ジエンコの永久歯はすべて育っているそうです!

ただ、
ジエンコは私とあごのかたちがそっくりで、
とがっていて狭いです。

saccoは小学生の時、
歯列矯正で4本の歯を抜いていますが、
それでもすべての歯があごに入りきらず、
今でも美しい歯並びとは言えません。
でも、無理にあごを広げずに済んだし、
出っ歯もある程度落ち着いています。

ジエンコも、永久歯がある程度完成したら、
歯列矯正を始めることになるでしょう。

今のところ、ジエンレイコとも歯医者さんが大好き。
痛い目にあったことないし、
衛生士さんは優しくて親切だし、
個室だから、
怖そうな治療をしている人を見かけることもないし。

このまま歯医者さん大好きのままなら、
長くて憂鬱な歯列矯正も
そんなものだと思って乗り越えられるのかも。

みなさんも、
歯のメンテナンスを忘れずに、
にっこり笑顔の一年をお過ごしくださいね。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村


2017-01-05

歯のメンテナンス


ジエンレイコとsaccoで、
歯医者さんに行ってきました。

3ヶ月に1回クリーニングをするように勧められてますが、
少し遠くの歯医者さん(身内なの)なので土曜日しか受診できず、
ついつい足が遠のきがち。。。。

ジエンコは3ヶ月ぶり、
レイコとsaccoは半年以上ぶりになりましたが、
レイコはステインがついていたけど問題なし。
saccoはちょっと歯磨きが手抜きみたいで、
小学生並みの歯磨き指導をされてしまいました。。。。

今年こそ定期メンテナンスを受けたいと、
思うだけは思いました。
が、がんばろう。

さて、今日の写真は、
あさイチでピアノ練習をするレイコ。

DSC_0639.jpg

なんとなく楽譜が読めるようになってきて、
めそめそしないで練習できてます。
そしたら少し楽しくなってきて、
ジエンコがピアノを弾いていない時に、
自分で練習をしていることがあります。
でも、
習う気はないんだって。



ジエンコが使ってた↑をもらって練習してきましたが、
1巻がもうすぐ終わりそう。
終わったら、2巻もジエンコから習うのかしら?

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村

レイコがピアノを習うことは大賛成なんだけどね・・・、
二人習うと練習時間が確保できないんだよね~。
兄弟姉妹でバリバリにピアノやってるお宅は、
練習時間の住み分けをどうしているんでしょうね?


にほんブログ村




2017-01-04

あたらしい年


あたらしい年が始まりましたね。

今年もよろしくお願いします。

ことしはどんな年になるのかしら?
どんな年にしようかしら?

さしあたってsaccoは背筋を鍛えて、
姿勢よく座れるようになりたいと思っています。

ジエンコは、ピアノをますます好きになり、
4月からは3年生になります。

レイコは、4月から年長さん。
お絵かき教室の先生が早く復帰されるといいな。

DSC_0588.jpg

↑の写真は、
ジエンコがサンタクロースさんからもらった、
水圧式ロボットアームを組み立てているところ。



これ、おもしろいの。
水の力でロボットアームを操って、
つみきを積んだり、
「すみっコぐらし」のぺんぎん?を
隅っこから動かしたりできます!



お正月にはお正月の遊びもたくさんしてます。

凧あげ




ことわざかるた


↑実際にはこれとはちょっと違う。

ぼうずめくり


ベイブレードバースト



平和なあそびだ。

こんな感じでこの1年を慌てず焦らず地道に過ごしたいです。

今年も暖かく見守ってくださいね。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村

プロフィール

sacco

Author:sacco
絵本と英語でゆるーく子育て。
やさしいおにいちゃん・ジエンコ8歳と、
おにいちゃん大好き妹・レイコ5歳。
学校図書館での経験や留学歴も、絵本子育てにお役立ち。
おにいちゃんのピアノ練習記録と妹のお絵かき教室の記事もちらほら。
長野県在住です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR