FC2ブログ

2019-10-08

レッスンで先生に言われたことは


ジエンコ、ピアノ歴7年。
ずっと同じ教室。同じ先生にお世話になってます。

いつものレッスンはその先生なんだけど、
年に数回、「先生の先生」のレッスンを受けます。

前回は8月に、
ひととおり弾けるようになった、

「即興曲 Op.90.2」 シューベルトを見てもらいました。



その時、もっと練習してくるところや、
直さなければならない弾き方を教えてもらって、
 
「次は『できたな』と思ったら、いらっしゃい。」

と言われていたのですが、
もう発表会まで1か月を切ってしまったので、
「できたな」って思ってないけど、今度の週末に行くことになりました。

できてないところは、
一番できてなきゃいけないところで、
手の形とか、親指の開き方とか、
そういう、
曲の練習以前のところで、
毎日練習のはじめには覚えていて心がけているんだけど、
1時間も弾いているうちに気持ち良くなっちゃって、
慣れている楽な弾き方でバタバタ弾いてしまう。
バタバタしていれば手は楽なのだろうけど、
音は当然バタバタします。
毎日の練習の終わりがそんな感じなので、
バタバタが定着してしまう。

ダメなやつよ。

穏やかないつもの教室の先生に、

「週末、先生のところに行くんだよね?」

と3回確認された。

温厚な先生に3回も確認されるって、かなりまずいと思うんだけど、
あらためずに弾き続けるジエンコ。。。。

saccoはイラっとしましたが、
怒っても練習するかしないかは本人次第。

でも、
先生の先生のレッスンに連れて行って、
レッスン代払って、
つきっきりでメモするのはsaccoの役目なので、
言われた練習をしないのなら、
「先生の先生」のレッスンには行きません。
と、言うことはできる。

言うだけ言ったよ。

どうするかはジエンコ次第よ。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



プロフィール

sacco

Author:sacco
ピアノ・アート・空手・英語・そして絵本。
やさしいおにいちゃん・ジエンコ小5と、
おにいちゃん大好き妹・レイコ小2。
学校図書館での経験や留学歴も、絵本子育てにお役立ち。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR