FC2ブログ

2012-09-09

語りかけ 最初の一歩



我が家の英語の語りかけについて、
昨日リアルでお会いした「リアル読者のRさん」に聞かれた時、
うまく答えることができなかったので、
ここで簡単にまとめておこう。


毎日それなりに取り組めている我が家の英語での語り掛け。

取り組み時間は全然多いとは言えないけれど、
生活の基本になる簡単な言葉ややり取りを少しずつ増やせてはいると思います。


Rさんには、

「レイコちゃんは、『靴を履いて!』『帽子をかぶって』って、
 分かってるって書いてたけど、英語なんだよね?」

って聞かれたので、

「うん。英語。 put on your ~. って言ってるだけ。」

って答えたんだけど、
落ち着いて考えてみると、
Rさんの聞きたいことって実はそこじゃないと思うんだよね。

なので、
我が家の英語の語りかけの最初の一歩がどこから始まったのかと言うことを
思い出して書いてみます。


3月末に英語の取り組みの最初の最初に掛けた言葉は、
朝イチの「Good morning、ジエンコ!」
だと思います。


ただ、それをはじめる前に、
このブログの最初の方にあるいくつかの記事からの流れで、
1、体験教室事件 2、とにかく読む など ←こちらから

「保育園に入ったら、英語の教室じゃなくて、
 家でお母さんと英語のお勉強してみようか?」

という前置きをして、説明もしてあったので、
ジエンコとしては、
「お、お母さんが言ってた『英語のお勉強』始まったな!」
という期待感があったと思います。

なので、なんだ?急に英語?という戸惑いはなく、

「”Good morning!” 『おはよう』って意味だよ。聞いたことあるでしょ?」

から始まって、
翌日にはもう日本語で補足しなくても”Good morning!”だけでいいのでした。

というのは、どこの家でもやろうと思ったらどの朝からでもできるよね。


じゃあ、その次?

次は多分、open/close(shut)かなぁ?
意外に"how are you?"
じゃないんだよね。

朝リビングのカーテンを開けるのはジエンコが係なんだけど、
毎朝のことなのに言わないとやってくれないので、

「カーテン開けて!"Open the curtain, please!"」

これも2日くらい言ったら、もう日本語はいりませんでした。

で、openがあったら、次はcloseでしょう?
で、カーテンできたら、次はありとあらゆるドアに使うでしょう?
そしたら箱とか、なんでも開け閉めするものに使うでしょう?

だから、保育園の行き帰り、門を開け閉めする時に、
ジエンコに開け閉めさせて、

"Open(close/shut) the gate, please!"
"Can you open(close/shut) the gate?"

って、今でも毎日やってます。

毎日言わんくてもいいんじゃね?って思うんだけど、
英語で言わなくても、どのみち日本語で言ってるので、
どうせしつこく言うならと、英語で言ってます。

時々門のところで保育園の他の親子に出くわしても、
「Open the gate」っくらい英語で言ってても何の害もないので、
聞かれても平気です。

ってな感じで、それが最初の最初の最初の取り組みでした。

そこからだんだん、あいさつ、天気、動植物の名前、食べ物がらみなどなど増やしているところですが、
基本的に、最初は日本語とセットで言って、
数日使って覚えたと思ったら日本語では言わない。
忘れちゃったらいつでも日本語登場。と、日本語使いまくりで語りかけています。

そして、もうひとつの基本は、
できるだけ単語じゃなくて、文章になっていて、
しかもやり取りになるようにしたいと思ってやっています。

できるだけですが・・・。

語りかけのアイデアは、
町の図書館にある何冊かの本から。

 

↑ガミガミ英語の本は、
amazonのレビューを読むと、
「ガミガミ言っていて嫌な気分になる」という感想がありますが、
CDは確かにそんなところもありますね。
ですが、フレーズ集としてだけではなく、
「家庭で母親が英語の語りかけをする」というアイデアを説明している文章が、
非常に優れています。
どんなスタンスでどんなふうに取り組んだらどうなったか、という部分。
フレーズ集を使う気が無くても、
読み物として最初だけ読むだけでも語りかけについて自分がどうしたいのか考える参考になります。
CDは発音や言い方(微妙な言い回しで生じるニュアンスの違い)を覚えるのにはいいですが、
かけ流しにはあまり使いたくない。
ガミガミ言ってるから。




↑悪くないんだけど、
Q&Aをまとめた、という本の体裁上「これ!」というフレーズが探しにくい。
そして、CDはあんまり・・・。
全体的にまとまりがないです。
必要なところだけ読んで、発音に自信のない言い回しだけCDで聞けばいいです。


というような本が、
いなかの町の小さな図書館にもありましたし、
気になる本があれば、どんどんリクエストにも応じてくれます。

上記の本を読んで私が実際使ったのは、
語りかけ育児をするというアイデアで、
実際のフレーズは、「これ!」と思った時に、
その都度インターネットで検索して使っています。
ちょっとした使い方の違いで、
伝わり方が違ったり、英語米語の違いなども分かるので、
検索は便利です。


そんなわけでね、我が家の取り組みは、
今年の3月・ジエンコ3歳8ヶ月から始めたので、
ただ英語でべらべら話しかけても戸惑うばかりだったろうと思うので、
「保育園に入ったら、家で英語もお勉強しようね」というきっかけがハマった。
というのがとっかかりとしてとても良かったと思います。
レイコは、11ヶ月の時からなので、
ジエンコと一緒にいて聞いている時は、一緒に吸収しているようで、
観察していてひじょーにひじょーにおもしろいです。


あ、あとおもしろいのは、
「ジエンコくん、Can you help me.....?」
と言うような時に「くん」を付けると、

「えいごの時は、『くん』じゃないんでしょ!」

と言って私が怒られること。

保育園の帰りに「今日保育園で何したの?」という話を日本語や英語で話す時も、
クラスのおともだちの名前を「くん」「ちゃん」付けで英語で話すと言い直しさせられます。

ジエンコはとっても真面目なので、
私が最初に教えた「基本」を私が守らないことが許せないのでした。


はい。
カンタンに書くつもりが結局長くなりました。

うーん、
語りかけをはじめてから半年にも満たない我が家で、
しかもジエンコに目に見える英語子育ての成果が出ていない中で、
こんなことを書くのもなんなんですがね。

ここまでやってきたことくらいだと、
私が英語を話せる話せないと言う部分での違いはあまりないと思います。
発音は・・・かなり問題ありですけど、
かけ流しや、小学生になったら、と思っているレッスンの外注でも修正はできると思っています。

ね、
最初の一歩。
とっかかり。
なんら特殊なことはないのでした。

R賀さん、これで答えになってるかしら?

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


昨日はごめんなさい。
レイコが眠くて。
帰ってすぐにお昼にしたけど、
お昼のうどんに突っ伏して寝てたよ。







スポンサーサイト



テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

詳しくありがとうございます

土曜日図書館でお会いしましたR賀です。
たくさんの教えをありがとうございました。
あの時聞いたことはほんとに単純に『「帽子」や「サンダル」のフレーズを英語で問いかけたものを理解しているなんてすごいね』ということだけだったのです。ブログでは日本語で書いてあったのでどうして英語で書いていないんだろうという疑問を持ったので直球で聞いてしまいました。
私は子どもに英語のテレビ番組をただ見せているだけです。BSTBSの「CatChat」を見ていたらクエスチョンでの答えがあっていたので「わかるんだぁすごいね」と言ってみたものの繰り返し同じものを見ていたので映像としてでしか答えがわかっていないことがわかりました。
これでは勉強にならないこともわかりました。
やはり母親がそばにいて方向性を導いてあげるべきですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そうでしたか

英語で書いていない理由は単に入力が面倒だからだったりして・・・。わはは。
確かに、テレビを見せて何か学習させようと思ったら、一緒に見て、それについて話し合ったり、どこに注目すべきかそっと教えたりしないとならないですね。
私もできてないです。テレビの時間は私の家事の時間ですもの。一緒に見てたらご飯ができませんよ。
英語子育ては趣味みたいなもんです。
私は英語が好きだし、英語絵本を買う口実ですよ。
そんなにたいしたもんじゃないんでございます。

なし


鍵コメにオープンで返してごめんなさいね。
仕組みが分からなくって。

小雪みたいですね。でも年子生まれるし。
みんなそんなもんと思いますよ。

ここではジエンコの英語学習について主に書いているから、
いいようなことが書いてあるだけで、
単純に育児ブログだったらグチまみれだったと思います。

それに、英語や絵本のことは私の趣味だからです。

あと、好きな本を読み始めたら、
話しかけられても本当に聞こえないこともあります。
そしたら夕食は作ってられないので、自動的にスタミナメンチ98円に決定です。

そんなもんですよね。

プロフィール

sacco

Author:sacco
絵本と英語でゆるーく子育て。
やさしいおにいちゃん・ジエンコ8歳と、
おにいちゃん大好き妹・レイコ5歳。
学校図書館での経験や留学歴も、絵本子育てにお役立ち。
おにいちゃんのピアノ練習記録と妹のお絵かき教室の記事もちらほら。
長野県在住です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR