FC2ブログ

2012-10-15

『ハーフが美人なんて妄想ですから!!』





↑というタイトルの本を読みました。

図書館の新着図書コーナーに置いてあったので、
他の本のついでに。


「ハーフが必ずしも美男美女なわけじゃない」
「ハーフがお金持ちとは限らない」
「ハーフだからバイリンガルとは限らない」

などなど、
「純ジャパ」のさまざまな誤解と偏見を実例と合わせて紹介している本でしたが、
私としては、そんなようなことは当たり前のことだと思うので、
全体的に新しい発見や指摘はありませんでした。

ただ、著者自身が日独ハーフとして感じる「自分はなに人か?」「アイデンティティーとは?」「愛国心とは」
といった部分は興味深かったです。

そして、ハーフにとってもバイリンガルになるには財力と努力と計画性は欠かせないというところも、
ま、そうだよね。

と、
amazonの評価は高いようですが、これを読んで
「あらぁ、今までハーフの人たちに迷惑を掛けていたのね。これからは気をつけなくちゃ」
と思うような層は中公新書とか読まなそうだし、
読むような人はハーフを困らせるような言動をそもそもしなさそうだし、
誰をターゲットにしたのかしら?と思わないでもないですが、
読みやすかったし、読んで損というわけでもなかった。

というあいまいな感想。




いつの間にか1週間もブログを放置していましたが、
だれか入院したわけでも、具合が悪いわけでもなく、
ただなんとなく疲れて、PCに向かう気分にならなかっただけ。
毎日、かけ流しとプリントと声かけと読み聞かせを淡々と続けていますよ。

近所のスーパーでドーラのDVDを衝動買いしてきたので、
ジエンコが帰ってきたら見せてみよう。

明日はその反応をupしますね。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

読んだ読んだ。

地元図書館にリクエストしてまで読んだよw
感想はだいたい同じ。
言葉の問題は非常に興味深く読みました。
たまたま知った、「私は漂流する子どもだった」っていう本も面白かったよ。
二言語習得について、本人インタビューの形でいろんな人を取材している。
一青窈のお姉ちゃんとか、セイン・カミュとか出てきた。

あにゃぞサマ

私、多分それ新聞で見かけたことあるな。

『私も「移動する子ども」だった』

じゃない?
『漂流・・・』は非行少年問題の本かと思われる。

今日図書館行くから探してみよう。
リクエストしよう!

ありがとう。

うわ

そうそう。移動だね。
漂流したいのか、わし(笑)。

Re: うわ

図書館にリクエストしたらすぐ来たよ。
今読んでるところ。

ハロウィン記事終わったらまた書くね。


プロフィール

sacco

Author:sacco
絵本と英語でゆるーく子育て。
やさしいおにいちゃん・ジエンコ8歳と、
おにいちゃん大好き妹・レイコ5歳。
学校図書館での経験や留学歴も、絵本子育てにお役立ち。
おにいちゃんのピアノ練習記録と妹のお絵かき教室の記事もちらほら。
長野県在住です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR