FC2ブログ

2012-12-31

今年の本たちと今年の事


3月末に家庭での英語学習をはじめて9ヶ月。
まだまだ「今年のまとめ」なんて大きなことを言えるレベルになっていません。
ですので、今年の事について一言だけ書き記しておこうかと。

親子英語をはじめてほんとうに良かった。

お教室や学校などにまかせっきりにしないで、
家庭でできることはたくさんあるなー。
そして、家庭でしていることが、
すべての基本になっていくなー、
ということを、子どもが小さい今のうちに知ることができたことが、
これからの子育て、こどもの学習のすべてにつながっていくと思います。

今年、親子英語に出会えて本当に良かった。



さて、今年の本。

今年我が家でもっとも読まれた英語絵本は、



最初の最初にこの本を購入して毎日毎日毎日読んで、
おかげで、「簡単な本はなんなら暗誦できてしまう」ことにジエンコが気づいて、
そのほかの本もブツブツ暗誦するようになった。
「暗誦」にはまったく力を入れていないし、
どんな絵本でも好きでなければ無理に暗誦する必要は全然全然ないんだけど、
好きならできてしまう。という気づきがあって良かった。


今年我が家でもっとも注目された英語絵本は、



ジエンコとかけ合いをして小芝居遊びができました。
シリーズも何冊か買っちゃったし、そのうちペープサートでも作って、
ジエンコとレイコで上演させようかと思っています。
まだまだ使える絵本。


今年我が家でもっとも役に立った英語絵本は、
 


これは、ORTのこのシリーズ全体。ということになりますが、
中でも上に挙げた2冊は本当に繰り返し繰り返し何度も読みました。
ここまで絵と文章がこどものイメージとぴったり合っている本は他にあるけど・・・・
でもその中でもシリーズになっていて、
ひとたびこのファミリーを好きになると、
どんどん読まずにいられない。という広がり、つながりがあって素晴らしい。


今年私がもっともがんばった英語絵本は、



3月に取り組みをはじめた時、
数年間英語をまったく使っていなかった私の口はガチガチに固まっていて、
ぜんぜん動かなかった。
このCD付き絵本で、
聞いたとおりに読んだり歌ったりできるようになるまで、
何度も何度も練習しているうちに、
私の口が英語を思い出しはじめた!
Bill Martin Jr.さんは2冊目のランクイン(?)だね。
どうもありがとう。


今年ジエンコがもっとも気に入った英語絵本は、



12345はしっかりわかっても、
54321と逆から言うとこんがらがっていたジエンコが、
減っていくことを理解した絵本。
指人形も作ったし、お散歩中にもずっと口ずさんだり、楽しかったね。


今年レイコがもっとも気に入った英語絵本は、



これはもう単純に、「鼻」。
モンスターの「鼻」をもぎ取りたくてもぎ取りたくて、
好きすぎて封印されております。


来年もまたステキな絵本との出会いがたくさんありますように!


最後になりましたが、
今年このブログを通して出会ったたくさんの親子英語家族の皆様、
たくさんの情報や励ましをどうもありがとうございました。
みなさまなしでは我が家の親子英語はどうにもなんともならなかったところでした。

来年も主にブログを通してですが、よろしくお願いします。

それではみなさま、よいおとしを!


今年は応援ありがとうございました。
来年も↓クリック↓よろしくお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sacco

Author:sacco
絵本と英語でゆるーく子育て。
やさしいおにいちゃん・ジエンコ8歳と、
おにいちゃん大好き妹・レイコ5歳。
学校図書館での経験や留学歴も、絵本子育てにお役立ち。
おにいちゃんのピアノ練習記録と妹のお絵かき教室の記事もちらほら。
長野県在住です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR