FC2ブログ

2012-04-07

素人じゃありませんよ。


今日、ジエンレイコと図書館に行ったら、、町議会議員さんに出くわし、
「新しくなった絵本コーナーで子どもたちが本を読んでいる写真を撮りたいので、
 やらせじゃないけど、ちょっと子どもに読んでくれないか」
と言うようなことを突然頼まれ、
(町議会議員さんと面識はありませんよ。ホントに急に頼まれたの。)
ちょうどジエンコに見せようと手に持っていた本を読みました。
我が家も含めて3組の親子連れがいただけ。
子どもはジエンレイコを入れても4人でした。

『どろんこ おそうじ』


自分で言うのもナンですが、私読み聞かせが得意ですので、
居合わせた他の子のママたちが、
絵本を見ずに私を見てました。
読み聞かせをしてきた場数が違うので、
普通のママが、人前で照れながら読むのとはわけが違います。
ごめんあそばせ。

ただ、家庭で子どもに読み聞かせるのに、
うまいかへたかなんてことはまったく問題ではありません。

おうちの人が子どもに読んであげることが大切なんです。

というか、他に大切なことはありません。

いつだったか、有名な図書館司書さんの講座で、

「子どもはどんな本でもお母さんが読んでくれるだけで大好きになってしまいます。
ずっと先まで、大人になってもその本と読んでもらった記憶を忘れません。
だからこそ、本を選ぶ時少し慎重にならなくてはならないと思うんです。」

というようなことを言っていました。
もっともです。

たとえば、子どもが読みたがるキャラクターの本を読んであげることも時には大切ですが、
おうちの人が、自分が「素敵だ。」「好きだ。」
と思う本をその気持ちを込めて読んであげることもやはり大切です。
するとその子もその本を特別好きになります。


というようなことが、今日図書館でありましたとさ。

あー、
いまさらながら、絵本サークルとか入って活動しようかな・・・

読み聞かせや語りは、やっぱりとっても楽しいです。



以下は本日の家での読み聞かせの記録。

Go Away, Big Green Monster!

「これは ちょっと難しいから、真似して読まなくてもいい?」
とジエンコに聞かれました。
「真似して読んでね」っていつも言っているわけではなく、
気軽な読み聞かせのつもりで読んでいたので少し驚きました。
が、英語絵本読み聞かせの本当の始まりの時、
「英語の教室に通う代わりに、おうちでお母さんと英語のご本読んでお勉強しようか?」
と言ったことがあります。
それを覚えていて、いつもお勉強のつもりで英語の絵本を聞いていたのかしら?
もちろん、気が向かない時や、難しいと思う時は、一緒に声に出して読む必要はありません。
まずは楽しんで!
それを伝えたら、'Go Away!’のところだけ一緒に読んでくれました。
こんな立派な絵本が1000円しないとは・・・
日本の絵本は高すぎますね。

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?

これも、「最後のページは動物がいっぱい過ぎるから繰り返したくない。」そうで、
そこだけは、だまって聞いていますが、
他のページでは、私が読んだものを繰り返すのではなく、
一緒になって読んでいます。

Who is it?

英語絵本を増やしていく中で、
自分で読めないうちはORTにこだわる必要はないのではないか・・・
と思っていたんですが、
Stage 1のこの単純さ。
難しい言葉が出てこない安心感があるのか、
読むととても喜びます。
細かい説明は無しにして、
毎晩数冊ずつどんどん読んであげるようにしたらいいのかも・・・。
Stage1を少しずつ出すのをやめて、
6冊全部毎晩読むくらいでもよいのかしら?

『うらしまたろう』

先に書いたように町の図書館の絵本のコーナーがきれいになり、
配架が代わったので、目指している本が見つからず・・・
仕方がないので、以前読んだシリーズの中から見つくろってきましたが、
やはり文章が気に入りませんでした。
ジエンコはとても集中して聞いていましたが、もっと良い「うらしまたろう」は他にもあると思います。
次回はもっと時間に余裕をもって図書館に行って、
シリーズでない絵本から選びたいと思います。

しかし、本当に今更ながら昔話の良さを再認識。
ジエンコがこんなに食いつくとは!

図書館にある昔話を読みつくすくらい読んでやろうと思います。

読んでくれてありがとう。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト



テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【素人じゃありませんよ。】

今日、ジエンレイコと図書館に行ったら、、町議会議員さんに出くわし、「新しくなった絵本コーナーで子どもたちが本を読んでいる写真を撮りたいので、やらせじゃないけど、ちょっと...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sacco

Author:sacco
絵本と英語でゆるーく子育て。
やさしいおにいちゃん・ジエンコ8歳と、
おにいちゃん大好き妹・レイコ5歳。
学校図書館での経験や留学歴も、絵本子育てにお役立ち。
おにいちゃんのピアノ練習記録と妹のお絵かき教室の記事もちらほら。
長野県在住です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR