FC2ブログ

2013-03-04

ひとり一芸


保育園のお別れ会で、
年長のお兄さん、お姉さんたちが、
ひとり1芸を披露してくれたんですって。

中でもクラスのおともだちのお姉ちゃんが、
ダンスを習っていて、それを披露してくれたのが、
とてもかっこよくって、

「ぼくもお兄さんになったら、ダンスを発表する」

と言っていましたが、
いやいや、ジエンコ、
あの子のお姉ちゃんはヒップホップのダンス教室に通って、
練習しているから踊れるんであって、
習わなければああはなりませんよ。

と言ったら、
必死で、おかしなダンスを踊り始めたのですが、
よく聞いていたら、

「ぴっぴぴーぴ、ぴっぴぴぴーぴ! ファイヤー!」

と言っていたようなので、
たぶん、キョウリュウジャーの変身ダンスかと思われます。

今日の保育園の給食は、
持参する主食が自由だったので、
キョウリュウジャーおにぎりを持たせたんです。
キョウリュウジャーおにぎり

それで、
お別れ会の時に一緒に給食を食べた年長のお兄ちゃんと話しが盛り上がったそうで、
ちょっとキョウリュウジャーづいてるみたいね。

なんなら、
歴代ライダーの変身ポーズでも披露したらいいじゃない?

うむ。
ジエンコが保育園を卒園する頃には、
どんなことが得意になっているかな?

そのころには、
みんなの前で披露できるくらい、
ピアノが上達しているかしら?

「英語の歌を歌ったら?」

と言ったけど、
今日はダンスが盛り上がってるので、
聞き入れてもらえませんでした。
いや、
まだまだ2年も先の話なんですけどね。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 子供の教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして

saccoさん、は「じめまして。
今年に入って「親子英語」を始めたmiと申します(^-^)
5歳年中の娘と2歳8カ月の息子がいます。
私も絵本が好きで、saccoさんのようにはいきませんが、毎日5冊ほどの絵本を読み聞かせています。
なので、saccoさんのブログにはたいへん興味があり、当初からさかのぼって拝見させていただきました。ジエンコくんのかわいさと、ジエンコくんを愛している(照れる表現ですが)姿が印象的でした♥
saccoさんは、英語の絵本を読むとき、基本的に英語なんですよね?娘は、内容がわからないとやはり面白くないようで、わたしは1文を大まかに訳しているのですが、あまりよくないことでしょうか?1ページの大訳すべき?(といっても絵本にはあまり行数がないのでかわらないかも)私の誘導が下手なのかもしれませんが、ORT1+やsight ward readingよりも I can read 1 を好んでいます。
こんな感じでいいのか不安でコメント欄をお借りしました。
アドバイスを頂けると嬉しいです。

ちなみに、私の英語は中学レベルで語りかけも「井原さんちの子育て英語」で特訓中です。また、春からは働くので、これからのおうち英語が気がかりなのです。

これからも、ブログを楽しみにしていますね!

miさんこんにちは!

はじめまして。
コメントありがとうございます。
このようなコメントを頂いて光栄&恐縮です。

英語子育てをはじめてまだたったの1年。
私も親子英語ブログのみなさんの記事を過去からさかのぼって読んでは勉強している身です。

ですので、
私から回答とアドバイスなんて非常におこがましいのですが、私にわかる範囲で何とか書いてみようと思います。

ご質問の件ですが、

はい。
基本的には「英語で」と思ってそれを意識して読み聞かせをしています。
ジエンコは静かに聞いている時あり、日本語でバンバン質問してくる日あり、ですが、質問にもできるだけ英語で答え、ジエンコがイライラしてくるようだったら、日本語で少しだけ説明しますが、文章を丸ごと訳すことはしていません。
ORT Stage1+だと、日本語では説明しませんでした。ただ、オーバーアクションで、
”Look at me!”をやって見せたり、
”Go Away!”でジエンコを追い払って、
シュン、、、とさせてみたり、
動きはたくさん使いました。

ジエンコの場合ですが、日本語の文章を与えてしまうと、頭の中にインプットされるシーンが丸ごと日本語のものになってしまうようで、英語の印象が薄れるような気がするのです。
現にダンナが訳しながら読み聞かせた本については、日本語のイメージが勝っていてます。

Sight Word Readers は、スカラスティック社のもので、25冊セット?のものでしたら、
これは、私自身があまりおもしろいとは思えず、膨らませる自身がなかったので、読み聞かせの前に、日本語と英語で、
「この本は英語のお勉強なので、分からなくても毎日ちょっとずつ読んだり、声に出したりしてみよう」と声をかけて、細々と続けています。
いまだにジエンコは全く読んでくれませんが、音では覚えています。
「分かっても分からなくてもいい。日本語では説明しない。お母さんが読むから聞いていてくれるだけでいい。」と言うようなことを日本語で言い聞かせたことも最初の頃はあったような気がします。
なので、単語の意味も日本語では教えませんでした。ジエンコは「お勉強」と言うことが好きなので、この手はある意味有効でした。

I Can Read もたくさん持っていますが、基本はいっしょです。

というのが私とジエンコのやり方ですが、
他の方のブログなどを拝見して思っているのは、本当にこどもによって、どんな読ませ方が合っているかはさまざまだなぁ。と言うことです。

そして、
もう一点、
これもジエンに限った話ですが、
ORTやSWR、I Can Read など、
「教える」「覚えさせる」「学習」のイメージが強い本よりも、エリック・カールをはじめとする名作絵本の方が、「わからないから、おもしろくない」という事が少なく、「英語は分からないけど、お話はわかる」感が強い気がします。
なので、なんとなくお勉強系の本と、こどもが好きで、楽しんで読める本を組み合わせて、バランス?というかこどものご機嫌を取る感じで1回の読み聞かせを構成する感じです。

私も語りかけ本は何冊も読んでいますが、なかなか定着しません。

ごめんなさい。
中途半端なのですが、レイコに呼ばれたので、
まずはここまで。


No title

お忙しい中、お返事をいただきありがとうございます!
今日は、英語で読んでみましたが、「何っていったん?」とイライラを少し感じました(笑)
今まで訳していたので当然でしょうが。
訳さずとも満足してくれるのは弟ですが、私に訳す癖がつきつつあるので気をつけたいところです。英語を英語で理解してもらえたらと思っているんですが、娘には合わないのかも知れませんね~。
sight word readingは、「これはお勉強だから・・・」というのをやってみようと思います。彼女も「お勉強」好きなのです(笑)
名作絵本ともたくさん触れ合う機会を持ちたいと思います。
これからもブログを拝見させていただきます♥
このたびは、ありがとうございました!

miサマ

昨日は書きかけでごめんなさい。
お仕事を再開されるんですね。
私も来年に向けて就職活動をしなければ!
それまでにおうち英語がもっと軌道に乗っているといいなぁ。
私もmiさんのブログ、のぞかせていただきますね。
これからもよろしくお願いします。
プロフィール

sacco

Author:sacco
絵本と英語でゆるーく子育て。
やさしいおにいちゃん・ジエンコ8歳と、
おにいちゃん大好き妹・レイコ5歳。
学校図書館での経験や留学歴も、絵本子育てにお役立ち。
おにいちゃんのピアノ練習記録と妹のお絵かき教室の記事もちらほら。
長野県在住です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR