FC2ブログ

2013-08-05

メガスター


町の文化センターで行われた、
メガスターの上映会に行ってきました。

メガスターは、




プラネタリウムクリエイターの大平貴之氏が作った、
すんごいプラネタリウム。


家庭用だとこんなのも出している。




文化センターの大ホールの可動座席を一部取っ払って、
そこに簡易式のエアドームを設置して、
その中で見ることができます。

1回に入場できるのは30人。

昨年は1時間以上並んでやっと手に入れたチケットを、
ジエンコの入院でふいにしてしまいました。

(しかも、プラネタリウムの前夜に夜間救急から入院したので、
当日朝キャンセルの電話も入れられずご迷惑を。。。。)

今年は、なぜか昨年ほど告知をしていなくて、
チケットの発売日を過ぎてから今年も上映があることに気付いて、
慌てて文化センターの窓口に行ってみたら、
大平さんの生解説以外の回はまだ結構余っている状況だったので、
座席の並びを確認して、
一家4人で並んで座れる座席をゲット。
小さいこどもが大きな声を出してもよい。という気のきいた回を選びました。

文化センターの大ホールに入ったら、
レイコがエアドームを見て泣き出し、
一時退出。
ダンナにしっかり抱えさせてもう一度入場したら、意外に平気。

時間になって、エアドームの中に案内されて入りました。

リクライニング式のアウトドアチェア?みたいなものが座席で、




レイコはダンナと一緒に座っていたら、
眠くなってしまったようで、
上映中はほとんど寝てました。
(ダンナもねてました。。。。。)


さて、
メガスターは、、、、

うわさ通りのステキな天の川にうっとりでしたよ。

今までのプラネタリウムの天の川は、
もやっとした白っぽいものを天の川のかたちに描いていたそうですが、
メガスターでは、
実際には肉眼でも安い望遠鏡でも見ることができないような、
小さくて暗い星まで、
ちゃんと星として映しているとかいないとか(どっちなんだ!)。

もやっとしているような、
細部まで見えるような、
実際に見たことのある天の川をよく表現していると思いました。

同じく、
星雲のもやっと感も、
ちゃんともやっとしてました。

あとあと、星がまたたくんですよ。
ちらっ、ちらっって。

私はそういう小技に大満足で、
あらぁ、いいわねー、なるほどねーっ、
って喜んで見ました。

ジエンコは喜んで見ていましたが、
「しばらく星空を楽しみましょう」
という、静かに星がめぐるだけの時間が長いと退屈してました。

ダンナは半分くらい寝ていたようですが、
見ていて、解説を聞いていた部分については、

こどもが分かるような簡単な星座の説明が少なくて、
星座の物語を教えてくれたりするわけでもないので、
隣の市にある設置型のプラネタリウムの方が優れている。

という結論を出したそうです。

それは、
それはそうだと、私も思った。
思っていたよりもプログラムが退屈。

大人向けに凝った解説でテンポよく見せる回とか、
こども向けに、
「夏の星座、絶対攻略ガイド」って感じで、
単純明快にした回とか、

メガスターだということに特にこだわらずに、
普通のプラネタリウムとしての良さを出すプログラムだったら、
もっと子供も喜んだかもねーとか、
勝手なことを考えました。

ジエンレイコのためと言うより、
私が見たかったから私は満足だけど、
ジエンコにとっては、

「文化センターに行って、
 ふわふわのおもしろいところに入って、
 ちょっと星を見た」

程度の体験だったようです。


あ、そうそう、
私の斜め前に座っていた、
小学校低学年くらいの男の子が、
上映中にDSをやり始めて、
せっかく暗い中なのに、
その光が気になって、集中できない!
隣に座っている大人は、席順の関係で、
その子の保護者ではなかったらしく、
DSを取り出しても全然注意しないので、
私が注意しておきました。

「やめて下さい」

って言いました。

DSやるならプラネタリウムに来るなよ。。。。。

いや、何しに来たんだよ?

ジエンレイコが何年も先にゲーム機をもつようになるとしても、
どこにでも自由にもっていけるようには絶対にしないだろうなぁ。
と私は思いました。

もたせてる親の問題でもあるし、
持っているこどもの問題でもあるし、
いや、そもそもこういうところに来て、
DSやったら良くないだろうと言うことも分からないような低学年男子は、
しつけに問題ありだな。
やはり親の問題か?

などと、
きれいな星空を眺めながら
悶々としてしまいました。

あはは。
もったいない。


帰りにもらってきたパンフレットに気になるものが。。。。




しゃべって光って、星も映す!

いや、そんなにマニアックなファンじゃないから買わないけどさ。

ジエンコが興味があれば、
そのうち↓を作ってみたいけど、




レイコがもう少し大きくならないと壊れるだけ。。。。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 子供の教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sacco

Author:sacco
絵本と英語でゆるーく子育て。
やさしいおにいちゃん・ジエンコ8歳と、
おにいちゃん大好き妹・レイコ5歳。
学校図書館での経験や留学歴も、絵本子育てにお役立ち。
おにいちゃんのピアノ練習記録と妹のお絵かき教室の記事もちらほら。
長野県在住です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR