FC2ブログ

2014-07-29

6歳になったジエンコ・九九は万能じゃない!


ジエンコさん、6歳になったので最近の家庭学習の状況を紹介しておこう。

前回のプリント進捗状況の記事から1ヶ月、
(前回の記事はこちらから)
朝のプリント学習が危機的な状況だったので、
上の記事を上げたすぐ後でジエンコと話し合いを持ったトコロ、

「お母さんが朝忙しいから、時間がないのは分かったけど、
やっぱりがんばってプリントを続けて、10までやりたい」

という結論になりました。

私も、もう、本当に朝プリントをやらせるのがきつくて、
本当に、本当にやめてもいいと思って話したんだけど、
ま、そうだよね。
A,Bと調子よく続けてきた七田式プリント、
Cの5まで来て、終わりが見えてるのにやめるのいやだよね。



というわけで、
土日は朝のお勉強をお休みしてるのでなしで、
平日5日のうち1日はピアノのワークをやるようにして、
残り4日間で、
「ちえ」「もじ」「かず」3枚を1セットとして、
2~3セット出来ればいいよね。
1日に1セット出来なくても仕方ないよね。
というやり方にしてみました。

それで、1週間くらいはうまく行ってたんですが、
次の週からはまた朝ダラダラしはじめて、
水着やタオルをプールバッグに詰め込むだけで、
プリントの時間を使い切ったりして、
週にプリント5枚しか進まない日もありました。

ジエンコ、マイペースというか、おっとりというか、
のんびり?
いや、うむ。
あんまり悪い言い方で書きたくないので、
柔らかく書いてみたが、まあ、
そんな感じで、
保育園に行く支度をしながら歌を歌ってみたり、
空想をはじめたり、、、、、、
要するに幼少期のワタシそのまんまのキャラなので、
もう、
このダラダラして時間が無くなっちゃう感じが、
もう、もうね、
手に取るようにわかる。
あとでまたそのことも書くけど、
ジエンコ、毎日夕方はピアノの練習に時間を取られちゃうので、
朝くらいのんびりテキトーに過ごしたいよね。。。。。
だから、本当は、歌を歌っても、空想しても構わないんだけど、
でも、やると決めたからにはやる方がいいわけでしょう?

だから、私も
私のお仕事のせいでジエンコをやたらめったら急かしている、ような負い目があった、
んだけど、
小学生ママにチョビっと愚痴ったら、

「来年、小学校1年生になったら、
今と同じか、もう少し早く家を出なきゃならないんだし、
練習と思って、ビシビシやったらいいよ!」

と明るいアドバイスをいただき、

そうか、
朝の延長保育に出している負い目があったが、
来年は学校の持ち物の用意も含めて、
今より少し早いんだなー。
って確認できて、

「今のままじゃ、小学校には間に合わないんだよ!」

と確信をもって言えるようになりました。

で、6歳になった事だし、
お盆休みまでの2週間を、
朝のキビキビ強化旬間として、
なるべく時計を意識して、
間に合わない部分は食事でも勉強でも切り上げて切り上げて、
予定通りの時間に合わせて行動するようにやってみようと、
取り組みをはじめたのが今週です。

はぁーっ。

それがジエンコの6歳のはじまりです。

ひらがなのよみかきはほぼ出来るようになって、
カタカナの読みは完成だけど、書く方はまだ10文字くらい?
漢字は「一」と「十」しか書けず、興味もない。

さんすう的な取り組みは、
以前から大好きな、
「文章題」ごっこがかけ算に発展して、
答えが12までのかけ算に日々挑戦しています。

たとえば、朝畑でブルーベリーを収穫しながら、

「ジエンコとレイコとお母さんが、ブルーベリーを3粒ずつとりました。
全部で何個あるでしょう?」

ま、たしざんと変わりないレベルですが、
いちおう式は言うようにしているので、

「3 × 3 だから 9!」

「お父さんも来て、一緒に採りました。
ひとり3粒で、何人になったんだっけ?」

「3 × 4 だから 12!」


いっそ九九を教えようかと思ったんだけど、
数学の世界の事を考えたら、
九九万能ではないような気がするので、
小学校2年生で九九が登場したら、
それはある意味「呪文」として暗記すればいいので、
今は、彼なりの「かけざん」が彼の頭の中で形作られているのなら、
それを九九の呪文で邪魔してはいけない気がするのです。

と、母は勝手に決めたのです。

でも、結構本気でそう思うなぁ。

九九は単純なかけざんの便利な道具だけど、
順番としては、
×という意味の理解があって、
そのあとで、

「実は・・・・、こんな便利なものがあるんですよー。
覚えますかぁ?」

ともったいぶって出てくるのが九九っていうのがいいかなぁ?

なんだよ、早く言えよ。
そんな便利なもんがあるならよ!

って。。。。

ま、ジエンコに数学的なひらめきがあるとは思ってないので、
むしろ、レイコの方が最近文章題に目覚めて、
数唱は20まで出来るけど、具体物は4までしかかぞえられないレイコが、
その4までをフルに活用して、ジエンコに、

「3つぶを4にんでしょう!にぃに!」

こうなるとむしろ、具体物を4までしか数えられない事が不思議。。。。

七田式プリントCにはかけざんは出て来ないようで、
それを伝えたら、ジエンコはかなりがっかりしてました。

かけざんの式の形では出ないようですが、

なになにを何個ずつ配ったら、何個あまるでしょう?
ひとり何個もらえるでしょう?

というのが出てくるので、
それで、鍛えられてるんじゃない?

むしろ、

× が登場する式を書くよりも、
答えが12までの文章題を繰り返して、
毎日遊んでおく方が、
式が出てくるドリルよりも、今は楽しくっていいんじゃない?

いまさらだけど、
100玉そろばん欲しいなー。



そのほかのお勉強は最近全然取り組めていません。

迷路とか、ぬり絵とか、折り紙とか。。。。

やりかけのワークブックが棚の隅っこに追いやられていますが、
とりあえず、朝のプリント学習が今回のキビキビ週間でしっかりできてからだね。

と、言うわけで、
こんなに長くなったのに、

「6歳になったジエンコ・ピアノ編」
「6歳になったジエンコ・英語編」

は次回以降につづく。。。。


今日も読んでくれてありがとう!
応援↓クリック↓ うれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村











スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sacco

Author:sacco
絵本と英語でゆるーく子育て。
やさしいおにいちゃん・ジエンコ8歳と、
おにいちゃん大好き妹・レイコ5歳。
学校図書館での経験や留学歴も、絵本子育てにお役立ち。
おにいちゃんのピアノ練習記録と妹のお絵かき教室の記事もちらほら。
長野県在住です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR