FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-11-17

「サンタクローズのおじいさん」の秘密


ジエンコ3回目のピアノ発表会まであと少し。

今年の発表会では、
シューマン「子どものためのアルバム(ユーゲントアルバム)」から

「Knecht Ruprecht サンタクローズのおじいさん」
を弾きます。

先生が候補に挙げてくれた何曲かの中から、
ジエンコが自分で決めました。

12月の発表会なので、
曲名だけ聞くとクリスマス気分でいいと思うんだけど、
この曲「サンタクローズのおじいさん」っぽくないんだよね。。。。と思って
調べてみたら、

PTNAのピアノ曲事典のページに、

http://www.piano.or.jp/enc/pieces/4779/


題名の「Knecht Ruprecht」はサンタクロースと訳されているが、正確にはドイツのサンタクロースである聖ニコラウスのおつきの「従者ルプレヒト」であるらしい。

との記述が。。。。

それでは、と「従者ルプレヒト」を調べると、

聖ニコラウスと一緒にやってくる、
青黒い服を着たおじいさんで、
木の枝のムチと袋を持っていて、
1年間良い行いをした子どもには
聖ニコラウスから贈り物が、
悪い行いをした子は
従者ルプレヒトがムチで打って、
それでも足りなければ袋に入れて連れ去り・・・・

って、なまはげですがなっ!
しかも連れ去りっ?

日本語でしか調べてないので、
また聞きみたいな情報しか収集できませんでしたが、
元の曲のタイトルである、
「Knecht Ruprecht」
で画像検索し
たらおもしろかった!

「サンタクローズのおじいさん」
って思って弾くのと、
「実は『従者ルプレヒト』」と思って弾くのと、
全然違いますよね。

特に、
2ページめの上の、
妖怪ウォッチのウィスパーが、

「いーれろ、いれろ!」

って第1話で歌っているようなところとか、
怖いものが来るぞーって、
怖そうに弾くといい感じ。

でも、
悪い行いはしていないが、
いい子とも言い切れないと感じているジエンコは、

「ぼく、ドイツのこどもじゃなくてよかった」

と言っておりました。

いや、いや、
キミは本当にかわいいすてきな子。
お母さんはもっとキミの事を褒めるべきですね。
反省。

と、まあ、
曲の解釈はじゅうぶんなんですけど、
肝心の曲が、、、、
完成してない。。。。。

小学1年生のおもしろ男児に、
「曲の完成」とか求めても無駄なんですかね?

練習はちゃんとしてるし、
上手くなりたい気持ちも持っているけど、
発表会までに絶対に完成させて弾き切る!
みたいな意気込みに欠けてます。

今年はデュオコンサートのことで散々プレッシャー掛けたので、
それも反省して発表会の曲については
かなり自由にやらせているので、
彼なりに頑張ればいいのかもしれないですが。。。。。

そのうち、
「完成のかたち」とか展望みたいなものが、
彼の前に開けてくる日が来るのかのぅ。

今日も応援ありがとう!
↓クリック↓

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sacco

Author:sacco
絵本と英語でゆるーく子育て。
やさしいおにいちゃん・ジエンコ8歳と、
おにいちゃん大好き妹・レイコ5歳。
学校図書館での経験や留学歴も、絵本子育てにお役立ち。
おにいちゃんのピアノ練習記録と妹のお絵かき教室の記事もちらほら。
長野県在住です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。