FC2ブログ

2012-06-20

夏の親子文庫 気になる絵本


ジエンコが保育園からもらってきたひかりのくにの本のチラシ。

私には子どもの絵本を選ぶための自分の選書基準があるので、
参考にはするけれど、斡旋のチラシをみて即注文ということはありません。
たいていはさっと目を通して捨てちゃいます。

でも、今回は気になる絵本が2冊・・・。

ひかりのくに

 


ドン・フリーマンはコールテンくんだね。
トミー・ウンゲラーはすてきなさんにんぐみだね。

どちらもなかなか渋いチョイス。

もちろん、日本語では買いません。
翻訳絵本が読みたかったら、図書館でリクエストできますからね。

欲しくなったのは、洋書です。

 


渋いですねぇ。
欲しいなぁ。


いやいや、
まだこっちを持ってないのに・・・

 


まずは代表作を押さえないと。

いや、しかし、出会った時が買い時でしょう?

いやいやいや、そんなお金はどこにもないんですが・・・。


「お金ない」で思い出しましたが、
先日七田のアンケートで図書カード千円が当たりまして、
久しぶりに日本語の絵本でも買うたろうかと、ツタヤに行きましたが、
ツタヤには私の求めているような日本語の絵本は置いていませんでした。
それでうろうろしてたら、
村上春樹と目が合いまして、
1Q84の文庫本、1,2巻を買ってしまい、
それで図書カードはおしまい。
そして、翌日またツタヤに行きまして、
残りの巻も買いまして、
千円の図書券をもらったせいで、
余計にお金を使ってしまった。
というしようのない話でございました。

村上春樹の文庫本、結構場所を取りますなぁ。

村上朝日堂だけ取っておいて、
風の歌から1Q84まではブックオフという選択肢はあってもよいと思うんですけどね。

読書も好きだけど、本が好きなので、
なかなか捨てられません。



ランキングに参加しています。
応援クリック↓よろしくお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sacco

Author:sacco
絵本と英語でゆるーく子育て。
やさしいおにいちゃん・ジエンコ8歳と、
おにいちゃん大好き妹・レイコ5歳。
学校図書館での経験や留学歴も、絵本子育てにお役立ち。
おにいちゃんのピアノ練習記録と妹のお絵かき教室の記事もちらほら。
長野県在住です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR