FC2ブログ

2012-04-04

sense of humor

ジエンコ3歳8ヶ月、入園式に行ってきました。

ジエンコが通うのは町立保育園。
総園児数200人超の町内最大の保育園です。

他にも、モンテッソーリの幼稚園や、
屋外保育の保育所などいくつか選択肢はあったんですが、
なにせ、ジエンコは200人以上いる中でも
保育園のもっとも近くに住んでいる子どもベスト3に入るほど、
保育園が近い。
家から見えます。
玄関から保育園の敷地まで徒歩3分もかかりません。

ですから、保育園=見えてるアレ。で決定でした。

明日からは給食も始まります。


さて、話は変わって、
おとといの読み聞かせのこと。

おとといは、
ORT Stage1 First Word Stories の中から、

The Pancake
Who is it?

を読みました。

The Pancake

「Pancakeってなに?」って聞かれると思ったら、
案外聞かれず・・・フライパンとか小麦粉とか登場するもののイメージで理解したのかしら?
最後のページの
「The Pancake race」
のところで、
「なんで、mum走ってるの?」
と聞かれました。
ここは英語で説明するとジエンコがイライラしそうなので、
日本語で簡単に「こういう競争をしてるのさ」と説明しておきました。

が、
本当はこういう時に簡単でも英語で説明した方がいいんだろうか?
とか、
イギリスの伝統行事で、謝肉祭の最後の火曜日にパンケーキを焼きながら・・・
みたいなちゃんとした説明をした方がいいんだろうか?
と、迷いました。

パンケーキを焼くだけなら、他のパンケーキの本と読み比べたり、
  

しながら読めばいいんですけど、pancake race の説明かぁ・・・
どっちにしろ、まだジエンコには「イギリスではね・・・」
という話をするのも早いような気がしてやめました。
まだ、日本の伝統行事のことだって、はっきりと理解しているわけではないですからね。

Who is it?

表紙を見せて、「Who is it?」とたずねたら、
「Floppyのかげじゃん!」
と答えたので、何をしているのかはすぐに分かったようです。
ただ・・・どうして、何のために、こういうことをしているのか・・・・
というのが、理解できないと言うより、腑に落ちない様子。

Pancake raceもそうなんだけど、

第一に、ジエンコにはまだ何かと経験が足りないから、
説明するだけではわからない部分があるということ。

第二に、家族や友人と集まって大人も一緒になってこういう遊びをする
ということが、日本ではあまりないかなー?

という、物語の理解のために不足している2つのことがあると思います。

どちらも、ジエンコがこれからいろいろ経験を積んでいく中で、
だんだんわかって行くようになるのか、
それとも、大人が積極的に同じようなことをして遊んであげると、
より理解が深まるというようなたぐいのことなのか・・・

Read At Homeの
Silly Racesもそうですよね。

この人たちは、何のために、どうして、家族でこんなことをしているのか・・・

私はこういうことが大好きなので、
ジエンコがやりたければそれこそ必死になって準備しちゃいますが、
ダンナは苦手~。
ノリが悪いの。
だから、家族みんなで休みの日にこういう風に遊ぶ・・
みたいなことは我が家ではやらなさそうだし、
あんまりこういう家族は日本にはいないか・・・
と思います。

イギリスではこういうことするんだってさー、
みたいな説明も適当すぎる気がするし・・・・。

でも、考えてみたら、私だって、
イギリス人は家族でこういうことやりそうよね・・いかにも・・・
という理解は、小さいころからずーっと読んできた翻訳児童書とか、
世界ふしぎ発見みたいな番組をテレビで見ていたからあるんであって、
どんな本でも、読んですぐに理解したわけではなくて、積み重ねがあってこそですよね。
そして、カナダへの留学とか、ヨーロッパへの旅行とかで、
読んで得た知識を裏付けしてきた・・・ということ。

だから、まずは簡単な説明にしておいて、
ジエンコが小学校とかになって、
Stage1から自分で読み返すような機会があったら、
よりしっかりとした説明をするか、
一緒に調べてあげたらいいのかなぁ、と思いました。


更新の励みになります。
応援クリック↓お願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

Thank you!

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

2012-03-29

しっくりこないストーリー


先日から、
ORTのStage1 Wordless Stories Aを購入した話をしつこくしているわけですが、

(上の表紙からのリンクはアマゾンのもので、CDと日本語ガイドは付いていません)

届いた当初は「日本語ガイドとCDが付いていて便利だわ。」
とちょっと思いましたが、使い始めてみたら、今はちょっと使いづらいので、
とりあえずそれを参考にするのはやめて、
ジエンコと一緒に絵本を開いて、見えたままの事を英語と日本語で話し合う感じの
読み聞かせになっています。

まず、買った時に書いたように、
CDに収録されていて、ガイドブックにも書いてあるストーリーが長くて説明的すぎるのが一番気になるところ。
stage1の最初の最初なのにこんなに詰め込まなくてもいいのに・・・。
CDを聞いていても、シンプルで分かりやすいイラストを損ねちゃってるんじゃないかと
私が心配してしまうくらいです。

それから、こんなことを私が口を出すアレじゃないんですけど、
話によっては、「えー?絵を見てもそんなシーンだとは思わないんですけど・・・(汗)。」
と思ってしまうような話もあります。

特に違和感を覚えたのは、
Look Out!


私がこの「Wordless story」から想像するストーリーと、
CD&日本語ガイドブックに載ってるストーリーは全然違いました。

うーん。
そんな話じゃないような気がするんだけど・・・・。

なので、「Look Out!」という単語は生かして、
それだけを重点的に覚えられるように、よけいな言葉は省いた読み聞かせとしています。

というか、ほとんど’Look Out!’しか言わずに、
それぞれのページのイラストについてジエンコと話し合ってるだけ・・・・。

そうね。
Wordless Stories として世に出た時から、
「これはこういうお話です!」
という正解はないんだから、
我が家のやり方もあり、また日本語ガイドブックに入ってるお話もあり、
とゆるく考えた方がいいなぁ。

CDは・・・・
今のところ、ジエンコには本をめくりながらCDを聞かせてはいません。
本は本で寝る前の読み聞かせの時間に読んでおいて、
CDは朝や昼間のちょっとした時間にかけ流し・・・って感じで聞いています。

私としては気に入らないストーリーですが、
Extended Storiesとして、
ストーリーブックにはないエピソードを内容を膨らませてつくった長いお話だそうですので、
発音もしっかりしてるし、何の気なしに聞くのはいいかもしれないです。

私はそれなりに聞き取れますが、
「あのWordless Storiesをこんなにしちゃって・・・もったいないなー」
と思いながら聞いてるので、あまりおもしろくありません。


ジエンコはばあちゃんと1000円床屋に行きました。

「ごーいぐ とぅ じゃ へーさろ うぃ まい グランマ I子 ばあちゃん!」

と言っていました。


昨日の読み聞かせ

The Haircut



At School



いそがしいよる



いっすんぼうし



更新の励みになります。
応援クリックよろしくお願いします。
↓クリック↓
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

英語絵本トーナメントも投票よろしくお願いします。


楽しい英語絵本ブログトーナメント - 英語ブログ村
楽しい英語絵本ブログトーナメント

Happy Reading!

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

2012-03-28

haircut


昨日、購入を報告した本から、
昨夜は時間があまり取れなかったので、1冊だけをジエンコに読んでみました。

The Haircut


まずは表紙を見て、

「Kipperの ごほん かってくれたの!?」

と大喜び。

sacco   何の本かな?
ジエンコ (櫛を指差して)「これ、なんていうの?」
Sacco  (英語で)「これは櫛だよ」

ってなやり取りの後、

ジエンコ 「とこやさんに いけばいいんじゃない?」
sacco  (英語で)「じゃ、読んでみよう!」

で読み始めました。

昨日は、ガイドブックをもとに簡単な文章を作って・・・と思ってましたが、
もー、もっともっと、簡単でシンプルな文章にして、
たりない部分は英語と日本語で補足しました。

ジエンコの行ってる1000円カットの床屋さんは、
シャンプーをしないので、
Kipperがシャンプーしてるページをじっと眺めて、
珍しそうにしてました。

一通り読んだあとは、
主人公をKipperからジエンコに変えて読んでみました。

4月から保育園のジエンコは、
明日29日にばあちゃんと床屋さんへ行く予定なので、

ジエンコくん、髪が長すぎるね。
髪の毛を切らなくちゃ。
床屋さんへ行こう。
ばあちゃんと一緒にね。
気持ちがいいね。
どんな髪型にしようか?
お母さん、どうかな?

という感じで・・・・

ジエンコはKipper の本、というだけで気に入ったようで、
まだ、ひらがなも読めないし、自分で本を読む気もないので、
文字のあるなしには気づいてもいないようでした・・・・。

ま、いいか。

Wordless Stories、どうかな?と思ってたけど、
ちょっと準備すれば読んであげられるし、
ジエンコの「今」にぴったりだし、
買って正解でした。

そして、今、簡単なお話を作りながら読むのもいいけど、
数年後に順調に読み進めていたら、
自分でお話を作ってみるなんて事もできるんじゃないかしら?

と、妄想を膨らませました。

もう一冊、

At School


を出して、入園式までに楽しんでみようかな?






ランキングはじめたら、更新が楽しくなってきました。
応援クリック、よろしくお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

 

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

2012-03-25

ジエンコ got a starfish

ORT Read at Homeのスペシャルパックから、
Funny Fishを


何度も読んでいるうちに、
最初は分からなかった話が分かってきたジエンコ。

ひとりでも、ページをめくりながら「starfish!」と叫んでヒトデを探してます。

そこで、
最近釣りに興味があるようだし、
まだまだ寒くてホントに釣りには行けないので、
リビングで釣りゲームをしました。

fishing

’ジエンコ was fishing.’
’He got a starfish.’

とか、ぶつぶつ言いながら、
厚紙に描いた魚やヒトデを、釣ります。
厚紙にクリップが留めてあって、
紐の先にくくりつけた磁石で釣ってます。

ダンナに「魚とか、たことか描いてね」とペンを渡したら、
「カレー」とか「アイスクリーム」とか、
関係ないものがたくさん混ざっていました。

しかし、一番よく釣れるのは「レイコ0歳」でした。

釣り糸を垂れると、飛びついてくるし、
漁場を荒らしまわって、獲物をかじります。


さて、先ほどの記事で迷っていた
フォニックスのDVDですが、やはり「Leap Frog」が間違いないんでしょうか?


我が家のDVDプレーヤーはリージョンフリーじゃないので、
再生専用を1台買わなきゃならないですね・・・。

でも、英語を勉強していく上では必需品?



驚くほど高価な物ではないんですけど、
出費が続くので、ダンナの理解が得られるかどうか・・・。


お勧めのフォニックスDVDや、
リージョンフリーDVDプレーヤーがあったら教えて下さい。



継続の励みになります。
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ










テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

2012-03-23

ヒトデさがしが楽しすぎて・・・

昨日紹介した、
Oxford Reading Tree の Read at Homeスペシャルパック
から、
予告どおり、

「Funny Fish」



ジエンコ3歳8ヶ月に読み聞かせしてみました。

寝る前の絵本の時間に、
遊んでいたおもちゃを片付けるように促しながら表紙を見せたら、

「'Floppy'じゃん!」

とすぐに分かって、必死で片づけを開始。

まず最初に、表紙の見返しに書いてある
「Tips for Reading Together」を参考に、
表紙や中のイラストを先に見せながら、
英語と日本語で「どんなお話かな?」と
一緒に考えてみてから読もうと問いかけをはじめましたが、
もう、お話が気になっちゃって、

「はやくよんで、はやく、はやく」

と、それどころじゃないので、
すぐに諦めて読みました。

登場人物の名前は既に完璧に覚えてるので、
その部分は私に続いて口ずさんでいましたが、
全体的には、ジエンコにはまだ早かったかも・・・・。

日本語での説明ばかりになっちゃいました。

Read at Homeの1aは本編だとStage2相当?

やっぱり、Stage1とStage1+を何度も読んでから
ここに来ないとだめですね。

説明ばかりでもジエンコはそれなりに楽しかったみたいで、
これまた見返しに載っている
ヒトデ探しの「I spy」的アクティビティーをやっていたところ・・・

急に挙動不審になったジエンコは、
おもむろに立ち上がって
「おしっこ!」

あららら・・・

走って行ったけど、結局間に合わず、
トイレの入り口付近で
オムツが外れて以来最大級のおもらしとなってしまいました。
ほとんどおもらししないジエンコにしては珍しい・・・。
それだけ夢中だったってことかしら?
と、思うことにします。

おもらししたくらいで怒ったりしないんですが、
ジエンコは怒られないことを知ってるので、
私が必死でおもらしの始末をしてる間にふざけていて怒られました。

うむー、
明日は
「Silly Race」


を読むつもりだったんだけど、
家族でこういう遊びをしてるんだよ、
という説明から始まって、何を競ってるのかとか、あといろいろ、
ジエンコの経験値では日本語でも英語でも説明しても追い付かない部分が多そうです。

今日のジエンコの反応だと、
お話がなくても、イラストを見ていろいろ楽しむところからやっても良いかも・・・
と思えてきたので、
迷っていた

Wordless Stories


から購入することにします。

でも、Read at Homeは本当におもしろいので、
ジエンコに見せてしまった「Funny Fish」は本棚に入れて、
いつでも読みたい時に読めるようにして、
力が付いてきたら出せるようにしまっておこうと思います。

それまでは、フロッピーの人形もおあずけよ。

今日のその他の読み聞かせ

トーナメント参加中の、
「目玉グリグリ」絵本。
Let's Count



だるまさんと


今朝、出勤前にダンナが読んでくれました。


ORTを注文して届くまで、
明日から何を読もうかな?

手持ちの英語の本は児童書が主なので、
やっぱり絵本が少ないなー。



読み聞かせを続けるモチベーションupのために、
ランキングに参加してみました。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

ついでに、トーナメントにも参加してみました。
興味のある方はこちら↓
楽しい英語絵本ブログトーナメント - 英語ブログ村
楽しい英語絵本ブログトーナメント

テーマ : 洋書の絵本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

sacco

Author:sacco
絵本と英語でゆるーく子育て。
やさしいおにいちゃん・ジエンコ8歳と、
おにいちゃん大好き妹・レイコ5歳。
学校図書館での経験や留学歴も、絵本子育てにお役立ち。
おにいちゃんのピアノ練習記録と妹のお絵かき教室の記事もちらほら。
長野県在住です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR